第8回 春

合唱部にやってきた待望の新入部員一人目は、東北から来た“ずん子ちゃん”!

ボーカロイド楽曲の卒業ソング『桜ノ雨』をモチーフにした小説シリーズの完結編『桜ノ雨 僕らはここで逢おう』の発売を記念して、一部を公開します。
♪『桜ノ雨』動画はこちらから♪


『桜ノ雨』 作詞作曲:halyosy


 由有の手腕により仮入部を決めた一年生は、この春、東北地方から越してきたばかりの女子生徒だった。名前は“純子ジュンコ ”という。
 ただ、中学時代の呼び名が純子をもじったものだったらしく、合唱部でも彼女が聞き慣れているあだ名のほうで呼ぶことにした。
「“ずん子”ちゃんかあ」
 音楽室の窓を開けながら言う理真にずん子は「はいっ」と明るく答えた。
「東北なまりの“ず”と、ずんだ餅好きが混じって“ずん子”って呼ばれてました」
「お手製のずんだ餅キャラ、作ってるくらいだもんね」
 わたしの言葉を聞き、ずん子は「えへへ」と笑う。そして手元のズンモちゃんをでるように見つめた。
「ワタシ、いつかこの子を、生まれ故郷の公式ご当地キャラにするのが夢なんです……!」
 目を輝かせるずん子に、理真とわたしは顔を見合わせた。
 ズンモちゃんを公式ご当地キャラにすることが夢……?
「“ずんだ餅”はすごいんですよ! 栄養満点なのに低カロリー、うぐいす色で見た目もきれいです。でも東北以外ではちょっとマイナーだと思われている宮城県生まれの和菓子……。そんな“ずんだ餅”の美味おいしさと、つやつやのお米がたくさんれるふるさとの素晴らしさを、このズンモちゃんを使って各地の皆さんにアピールしたいんです! あ……でもまだ試作段階の子でして……。もっとこう、ずんだ餅比率を上げたいところなんですが……」
 その後も止まらぬ郷土愛を、ずん子は延々と喋り続けた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桜ノ雨 僕らはここで会おう

雨宮ひとみ /halyosy

もしも初音ミクが音楽教師だったら…。 卒業ソングの定番ボーカロイド楽曲として、250万回以上の再生回数を誇る『桜ノ雨』。この名曲のノベライズ第3弾にあたる『桜ノ雨 僕らはここで逢おう』の発売を記念して、その一部を公開します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません