第6回 春

新入生獲得に向けて、理真を中心に動き出した合唱部。不安がいっぱいの理真を励ますつもりで未来が口にした「桜音先輩」の話題から、話は思わぬ方向へ!?

ボーカロイド楽曲の卒業ソング『桜ノ雨』をモチーフにした小説シリーズの完結編『桜ノ雨 僕らはここで逢おう』の発売を記念して、一部を公開します。
♪『桜ノ雨』動画はこちらから♪


『桜ノ雨』 作詞作曲:halyosy

「すみませんー、日直で遅くなりましたー」
「あ、由有。私も今きたとこだから」
 そう言って理真はおもむろに、カバンの中からルーズリーフを取り出した。そこにはきれいな文字がびっしりと書かれている。
「……? 理真、なにそれ?」
「新入生歓迎会までのやることリストよ」
「うえっ!? 仕事はや!」
「本当だ! すごい、ちゃんと予定と期日が書かれてる!」
「ち、違うんです。単に不安症だから、こういうの早めに作っておかないと落ち着かなくて……」
「理真って一度やると決めたら、ガンガン行動するタイプだもんね」
「え、そうかなあ……。自分じゃそうは思わないんだけど……」
 理真は首を傾げながら、リストを読みあげる。
「えーと。校内に貼るポスター作りに、呼び込み用のチラシ……。当日のパフォーマンスの練習……。あとスピーチ用の原稿も作らないと」
「そこは理真の仕事だね」
「スピーチなんて大役、私に務まるでしょうか……」
 今まで人前で話したことなどない、と理真は身を震わせている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桜ノ雨 僕らはここで会おう

雨宮ひとみ /halyosy

もしも初音ミクが音楽教師だったら…。 卒業ソングの定番ボーカロイド楽曲として、250万回以上の再生回数を誇る『桜ノ雨』。この名曲のノベライズ第3弾にあたる『桜ノ雨 僕らはここで逢おう』の発売を記念して、その一部を公開します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません