同性婚っていらなくね? なんで同棲じゃダメなの?

いまや生涯未婚率が30%を超える国となった日本。男女であっても結婚は不要だと考え、世界の同性婚制度についても「べつに同棲や事実婚でいいんじゃないの?」と不思議に思っている人は多いかもしれません。でも、じつは「結婚」には、二人の愛の証、という以上のさまざまなメリットがあるんです。

「婚姻届」という響きに、あなたは何を思うでしょう。

あなたは、結婚したいと思っていますか?

結婚を選ばないつもりですか?

それとも、もう結婚していますか?

そして、それはなぜですか?

わたしは、フランス人女性とフランスの法律で結婚し、パリで生活する日本人女性です。

彼女とわたしは、お互い相手のことを“妻”だと考えています。どちらかが男役だとかいうことではなく、お互いをひとりの女性として愛し合っている、いわば“婦妻”です。

(戸籍上女性同士のカップルが全員“婦妻”かというと、そうではないのですけれどね。性別に関係なく、たとえば男女カップルにだって、人と人との関係性にはいろんな自己認識がありますものね)

フランスで結婚するともらえる、「家族の手帳(Livret de famille)」の中身。
「妻もしくは母となる者」のページが二人分並び、後には将来二人が子どもを育てることになった時のためのページが「子1」「子2」……と並んでいます。

さて、いざ結婚を届け出る時は、本当にワクワクドキドキしました。在仏日本大使館に必要書類を取りに行ったら、「日本にも報告の意味で婚姻届を出してくださいね」と、婚姻届をもらいました。

婚姻届!

婚姻届って、あの婚姻届ですよ! ドラマとかによく出てくるやつ! ゼクシィの付録で「妄想用婚姻届」とかついてきたくらい、結婚を夢見る人にはまぶしくてたまらないあの白い用紙、輝かしい三文字!

婚・姻・届!!

鼻血出そうになりながら、愛する彼女とわたしの名前を並んで書き入れました。「夫となる者」の「夫」の字に×をつけて、くっきり「妻」と書き変えて。だってパリ市役所の窓口の人は、別の書類をその手で「妻」と書き変えてくれたのです。立ちはだかっていた大きな何かを、わたしたちは書き変えたんだ! わたしは婚姻届を前に、感動の涙と興奮の鼻血をぶるぶるしながらこらえていました。

そんな婚姻届を、わたしは今も出せないままで持っています。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s_yut 女と結婚した女だけど質問ある?|牧村朝子 cakes https://t.co/qbWpANjoi6 「(婚姻届に)鼻血出そうになりながら、愛する彼女とわたしの名前を並んで書き入れました。「夫となる者」の「夫」の字に×をつけて、くっきり「妻」と書き変えて」の下りが凄くいい 3年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_R 同性婚についてはこういう素晴らしい記事があるし、「なんで?」ってツイートするならググろう |女と結婚した女だけど質問ある?|牧村朝子 https://t.co/ZwHTH5dfcz 3年弱前 replyretweetfavorite

ginkokingyo 何%…?の超幸せさんなのー?(無料は終わり) 法的に、は解る。先進に合わせ交渉なことー? makimuuuuuu…って渋谷区の例の条例に対して言ってる人をツイッターでちらほら見かけたので… 約3年前 replyretweetfavorite

TBA20141231 ……って渋谷区の例の条例に対して言ってる人をツイッターでちらほら見かけたので、この… 約3年前 replyretweetfavorite