第7章 「社会人」って言葉、気持ち悪くないですか? Vol.2 炎上は99%おいしい

空気なんて読まなくていい。人に嫌われてもいい。友だちなんていらない。そんな「覚悟」が人生を変えてくれる――容姿や能力に自信が持てず、他人の目ばかりを気にしていたぼくが、なぜ「今」勇気を持てているのか? 何者でもないのに、何者をも恐れなくなったプロブロガーの仕事術を公開する本『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか』が2月18日発売決定! 臆病だったぼくにもできた。だから、あなたに「今」その勇気がないのは、絶対にあなたのせいじゃないんだ ――。全原稿を月・木の週2回で連載。

▼初回~前回までの記事を読む

嗤われたときに知識は深まる

 ここまでいっても、「間違うことが怖い」「矛盾を指摘されるのがイヤだ」という方がいるかもしれません。
 実際、ぼくもそんな時期がありました。が、そういう自分はだいぶ前に乗り越え、間違いや矛盾は、特段恐れるものではないと考えるようになりました。
 人間というのは、そもそも間違えたり、矛盾するものです。間違いを一切犯さない人間、一切矛盾しない人間は、存在しません。この前提を自他ともに認めるところから始めましょう。すると、自分の間違いや、他人の間違いはそうそう気にならなくなります。
 実際、ぼくも度々間違った発言をしています。たとえば、2013年の11月にブログで荒川弘さんのマンガ『銀の匙 Silver Spoon』(小学館)と『百姓貴族』(新書館)をおすすめ作品として紹介しました。ぼくは荒川弘さんをその名前から男性だと思いこみ、「彼」と記述していたのですが、なんと、荒川さんは女性だということをフォロワーの方から指摘されたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
なぜ僕は「炎上」を恐れないのか—年500万円稼ぐプロ・ブロガーの仕事術

イケダハヤト

空気なんて読まなくていい。人に嫌われてもいい。友だちなんていらない。そんな「覚悟」が人生を変えてくれる――容姿や能力に自信が持てず、他人の目ばかりを気にしていたぼくが、なぜ「今」勇気を持てているのか? 何者でもないのに、何者をも恐れな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

IHayato 公開しました!|[今なら無料!]新刊原稿無料公開!『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか――年500万円稼ぐプロ・ブロガーの仕事術』 4年弱前 replyretweetfavorite