第11回】終わる『いいとも!』の日常/終わらない木嶋佳苗「小菅ヒルズ」の日常

ライターふたりの時事放談、今回のテーマは、ついに最終回を迎えた『笑っていいとも!』について。今までありえなかった豪華タレントたちの共演や、感動的なフィナーレが盛り上がり、国民的番組ゆえに映しだしてしまった現代の日本の姿とは? そしてもうひとつは首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告のブログについて。一審で死刑判決が出た被告がブログを始めたことが話題になりましたが、なにより注目を集めたのがその中身。強烈なインパクトを与えるその文章をふたりはどう読んだのでしょうか?

2014年3月4週目の主なできごと
・出直し大阪市長選、橋下氏が当選 投票率は過去最低(3月23日)
・「8億円は選挙資金」 DHC会長、渡辺氏に提供認める(3月26日)
・中山美穂さん、辻仁成さんに離婚報道(3月27日)
・「袴田事件」袴田さん釈放、高裁も支持 検察の抗告を棄却(3月28日)
・世界フィギュア、浅田・羽生がアベック優勝(3月28日)

『いいとも!』という「終わりなき日常」の終わり

速水健朗(以下、速水) 『いいとも!』最終回のことは軽く触れておこうか。

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) はい、じゃあ印象的なところだけ。僕はやっぱり番組の中盤、タモリ×さんまのトーク中にダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、そして爆笑問題が次々に乱入してくるところは興奮しました。全員が日常的によく見ている人達で、それぞれをパーツとして見ると当たり前の風景なだけに「日常が歪んでる!」って。

速水 その光景に感動した人たちがいる一方で、このステージに世代交代のない日本の象徴を見いだしている人たちもいた。見事にオーバー40歳なわけだけど。


https://twitter.com/supportista/status/450612057759432705

おぐら あの一大共演がすごかったのは、全員に役割や目的があるわけではなく、ただ出てきただけ、ただ一緒に同じ空間にいるだけっていう。もしあれが他の特番で、それぞれネタを披露するとか、何か対決するとか、審査員席で並ぶとか、とにかく目的なり企画を実行する中での共演だったら、あれほどの圧倒的な空気感は出なかった。だって何の目的もなく一緒にいるのって、普通の人同士でも何を話していいか分からなくて、気まずくなったりオロオロするのに。それが狙いだったかどうかは定かでないですけど。そして言うまでもなく、その場を共演者に委ねて徹底的に俯瞰するタモリさんの番組だからこそ成立したとは思います。

速水 樋口毅宏の『タモリ論』(新潮新書)って、まさにそこを論じたものだったよね。タモリとは、お昼のど真ん中に空いた空虚な中心であるって。最後では微妙に交わしていたけど、天皇論としても読める。皇居が東京の真ん中にある空虚な中心っていったのはバルトだけど。

おぐら もうあとはタモリさんの最後の言葉を待つだけ……かと思いきや、出演者のスピーチでもとんでもないシーンがありましたね。なかでも17歳から37歳まで20年間もレギュラーだった香取慎吾の、「そもそも何で終わるんですか?」っていう純粋すぎる問いかけもすごかったし、早口で「つよぽんがすごく仲良くてタモさん家に行ったりするの、すげえずっとうらやましかったです!!」とか、泣きながら「SMAPでも辛かったり苦しい時があって、そんな時に笑ってなきゃいけないのが辛い時もあって……」とか。普段はおとなしい子供が親や先生に一生懸命自分の感情を訴えている感じはものすごい胸に迫るものがあって、でも同時に「あ……ヤバい瞬間見ちゃった」とも感じました。

速水 彼らにとってみるといいともが学校だったわけだよね。良くも悪くも。

おぐら 対照的に、中居くんが冷静かつ感情的に「バラエティは残酷」と言っていたのもハッとしましたね。クランクアップのあるドラマや映画などと比較して「ゴールがないところで終わらないとならない。こんなに残酷なことがあるのかな」という的確なバラエティ番組批評に、ふと“終わりなき日常”という言葉が頭をよぎったり。

速水 最終回のトークゲストだったビートたけしも読み上げた表彰状の中で、二流芸人たちのための番組だって指摘してたのがまさにけど、いいともは「つまらないバラエティ番組」の発明だった。芸人が笑いの力量を発揮しないまま、ゲームやクイズをやるバラエティ番組っていいとも以降に生まれたものだよ。でも「つまらないバラエティ」っていうのは、まさに「日常」が「日常」たり得る上で重要なものだと思うんだよね。それを指摘したのは宇多田ヒカルね。「♪十時のお笑い番組 仕事の疲れ癒しても 一人が少しイヤになるよ そういうのも大事と思うけど」(『Keep Tryin'』)って。

木嶋佳苗と恋愛脳

おぐら 『いいとも!』の話はこの辺で、さあ、ようやく本題にいきましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jouejouet 【私は「カーグラフィック」で小林彰太郎さんの文章読んで人生間違っちゃったような人が好きなのに】、こんなこと言える女性は佳苗ちゃんだけだよすごい:cakes 約4年前 replyretweetfavorite

asaco4 いや、ちょっと怖すぎです…。/終わらない木嶋佳苗「小菅ヒルズ」の日常| 約4年前 replyretweetfavorite

msken019 「ググらずに書けるのすごい」それほんと思った…|| 約4年前 replyretweetfavorite

mitopub 「保坂和志を本人の写真を見た後に読むか、それ以前に読むかっていう「テキスト」と「書き手のルックス」のギャップ問題」ww https://t.co/14N2kQVFwR 約4年前 replyretweetfavorite