武田陽介個展「Stay Gold」—世界をゆるがす視覚体験

Instagramなどで簡単に写真を加工し、素人でもかっこいい写真を撮ったように見せられる現代。プロでも、写真を加工して作品を仕上げることはめずらしくありません。それに対し、武田陽介さんの個展「Stay Gold」(タカ・イシイギャラリー)で並ぶのは、手を加えていない「ストレート」な写真ばかり。そこには、無加工だからこそ気づくことができる発見がありました。

東京メトロ清澄白河駅を降りて隅田川方面へ歩き、清澄庭園を過ぎたところにタカ・イシイギャラリーはあります。現代美術を扱い、世界的に知られておりますので、海外より日本へ訪れて成田空港からここへ直行する、そんなアートコレクターもたくさんいるそうですよ。

現在開催されているのは、武田陽介個展「Stay Gold」です。白壁が目にまぶしい静謐な空間へ入っていくと、たっぷりの余白をとりながらいくつかの作品が掛かっています。

突き当りの壁に、ひときわ大きく華やかな画面が広がっているのが目を惹きます。緑や黄、ピンクとさまざまな色が乱舞し、知らず作品のほうへ身が引き寄せられてしまいます。これは木立なのでしょうか。逆光で陽を浴びており、ところどころハレーションを起こしているのか、不思議な色が出現しています。


「144540」 2014年ライトジェットプリント© Yosuke Takeda / Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

そう、言い遅れました、武田は写真を使って作品をつくるアーティストです。ここにあるのはすべて写真、それも特別な加工などを施したりしていない「ストレート」写真です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nakamura990417 これ行きたい 4年以上前 replyretweetfavorite

_k18 今週はタカ・イシイギャラリーです 4年以上前 replyretweetfavorite