だれでもできる、すごいアイデアを生み出す方法

林伸次さんのお店bar bossaには、クリエイティブな仕事をしているお客さんがたくさんくるそうです。「いつかすごい作品を作りたい」、そんな夢を抱く人たちがみな悩んでいるのが「自分には才能があるのか?」ということ。そんな問いに対して、多くの才能ある人たちを間近に見てきた林さんの答えはとてもシンプルです。そして林さんの考える、才能よりも大事なこととは?

続けていると順番が回ってくる

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

bar bossaは渋谷という立地のせいか、あるいは店主である僕が音楽や文学が好きなせいか、ミュージシャンや作家といった職業の人がよく来店します。

そしてそんな最前線で活躍している彼らがSNSなんかで「今日、bar bossaで飲んでいたら……」なんて書いてくれるので、その周辺の人たちもよく来店してくれます。

そんな人たちの中には「いつかすごい作品を書きたいんですよ」という作家の卵みたいな人もいれば、「いつかすごくヒットする本を編集者として世に出したいんですよ」なんて人もいます。

そんな彼らの「いつか」という夢の話を聞くのは、大都市でバーテンダーをやっている人間としてすごく楽しい瞬間です。bar bossaはもう18年間も営業しているので、そんな「いつか」と言ってた若者が今はものすごく有名になっているなんて場合もたくさんあります。

そしてそんな「いつか」という人たちが必ず、「僕には才能が本当にあるのかどうかよくわからない。林さん、どう思いますか?」というようなことを酔った勢いで言うんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ika_tarou あるお医者さんの人生を変えた記事 約2年前 replyretweetfavorite

ugetsujiro @boboncho ゆっきーさん、いつも読んでくださってありがとうございます。コラム・・・私は自分を切り売りしているだけの、コラムとは程遠い戯言を書き連ねているだけです。私がwebで書く立場になれたきっかけは、この林さんの記事です。https://t.co/MUa90sYYfH 2年以上前 replyretweetfavorite

abgk 毎日楽しく続けられることを仕事にする、だね 4年以上前 replyretweetfavorite

nishiaratter 今回も面白かった♪僕も15年後にはすごい経営者と言われるように頑張ります⇒ 4年以上前 replyretweetfavorite