林家たい平、三鷹で風呂あがりに行ける寄席に出る

ケトルVol.06は、「中央線」特集!
町民の生活などを、身振り手振りや扇子・手ぬぐいなどの小道具のみで聞き手に伝える、日本の話芸「落語」。その魅力を伝える漫画やアニメのヒットを理由に、今再び盛り上がっているようです。
今回は、自身も中央線在住の落語家・林家たい平さんに、毎月1回落語寄席を開催している三鷹の文化施設「みたか井心亭」をご紹介していただきました!

林家たい平×みたか井心亭(寄席)

三鷹駅から駅前の商店街を抜け、住宅街にどんどん入っていくとその町並みに溶け込むようにみたか井心亭があります。

「昔の寄席ってこうだったんだろうなと思うんですよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
中央線が大好き!

ケトル

最高に、無駄がつまったワンテーマ・マガジン」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第6弾のテーマは「中央線が大好き!」。「好きなもの」を起点に、仕事も人間関係も広がっていく中央線。これってソーシ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード