スーパーヒューマン

テクノロジーはやがて、銃夢やロボコップを実現可能にするでしょう。そんなとき僕らが直面する問題とは?

 僕は子供の頃から弱視で、幼稚園の頃から眼鏡やコンタクトレンズをしています。もしもコンタクトレンズという名の「ウエアラブル・デバイス」が存在しなかったら、僕の人生は、今とはよほど違ったものとなったでしょう。

 人間は太古の昔から、さまざまなウエアラブル・デバイスを発明し、人間が持つ本来の能力を高めてきました。例えば服や靴。地球上に存在する動物の中で、人間だけが服や靴や帽子などを身につけ、寒さをしのいだり、危険物から足裏や頭部を守ったりしています。

 そして甲冑、剣、槍、弓矢、銃器などなど。これらも一種のウエアラブル・デバイスと見なすことができるでしょう。これらの道具は、単に環境から身を守るだけでなく、僕らの能力を大幅に強化しました。人間が食物連鎖の頂点にいられるのは、僕らのご先祖様たちが、これらのデバイスを発明してくれたお陰なのです。

 さらに近代以降には、腕時計や眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器、ペースメーカーなどといった、さまざまなウエアラブル・デバイスが発明されてきました。人間の歴史はそのまま、人間の能力の拡張の歴史と言ってもよいでしょう。

Smart & Connected
 そして今まさに、ウエアラブル 2.0 が始まろうとしています。今後のウエアラブルはどれも「知性を備えている」ことと、デバイス同士、あるいはネットに「接続される」ことが大きな特徴となるでしょう。そして僕らの能力や知覚を大幅に拡張してくれるものとなります。いま話題になるのは、もっぱらグーグルグラスと腕時計ばかりですが、これはホンの入り口にしか過ぎません。  義手、義足、外骨格スーツ、あるいは衣類などなど。ウエアラブル・デバイスは民間用、軍事用の双方向で、大幅に発達していくでしょう。例えば米軍は、こんな眼鏡の導入を検討しているようです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Matsuhiro ありがとうございます!@zato1234 cakesの連載は結構クオリティ高いと思うんだよなあ。 4年以上前 replyretweetfavorite

d_shishi :新しもの好きのせいか、こういう未来に関しては自分は結構楽観的なんだけどなあ。どうなんだろう。 4年以上前 replyretweetfavorite

zato1234 cakesの連載は結構クオリティ高いと思うんだよなあ。 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi とても良い記事。無料じゃなくても必読。>> 4年以上前 replyretweetfavorite