特別エッセイ】妄想の先にある物語

何のとりえもなかったロリータ女子高生ランちゃんは一念発起しての努力が実り、東大受験にみごと合格。東京で生きる、という夢が実現することになったランちゃんは、その先に何を夢みるのでしょうか? コミックエッセイ『妄想娘、東大をめざす』その後のエピソードを、特別描きおろしエッセイとイラストでお届けします。

 学生証を何度も何度も取り出しては見つめ、またしまっては取り出す。東京大学、の文字とともに、自分の顔写真と名前が載っているのが、はめこみ合成みたいに感じた。
 東大生になったんだ。何度自分に言い聞かせてみても、違和感があった。でもそれがなんだか少し心地よくて、この違和感がずっと消えなければいいのにと、どこかで思っていた。

 大きな夢でも小さな夢でも、夢の叶い方には2種類ある気がする。叶う前と後との境界がはっきりしているものと、していないもの。東大合格、の場合、合格発表で自分の受験番号があるかないかわかった瞬間が境界なので、とてもはっきりしている。

 そんなふうに境界がはっきりしている場合、叶う直前の落ち着かなさと、叶った直後の違和感は、もうどうしようもない。「夢」よりももっと奔放な「妄想」の場合、その不安定さはなおさらかもしれない。

 とにかく私は東大生になった。東京で生きる、という、物心ついた頃からの妄想が、飛行機移動ひとつで現実になってしまった。
 福岡空港からひとりで乗った飛行機の機内では、J-POPチャンネルでPerfumeの「ワンルーム・ディスコ」が流れていた。上京する浮遊感がこの曲とシンクロして、希望は不安に、やっと勝ることができた。
 渋谷駅の近くの警備員さんに、「ここから原宿まで歩けますか」と聞くと、「この道をまっすぐ行けば着くけど、遠いよ」と言われた。
 「この道をまっすぐ行けば着くんですね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
妄想娘、東大をめざす

大石蘭

ロリータファッションの現役東大生・大石蘭さん初のコミックエッセイ『妄想娘、東大をめざす』の内容をcakesでお届けします! 福岡のミッションスクールに通う、「カワイイ」と妄想が大好きで、けど他になんの取り柄もない普通の女子高生・ランち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wireless_RAN 書き下ろしエッセイ☆“@cakes_PR: 約4年前 replyretweetfavorite