第7回】節約のつよい味方、「Visaデビットカード」って?

「ブラックでも持てるカード」という広告を見たことがありませんか? 「ブラックリストに入ってしまってカードがつくれないはずの人でも審査なしで使えるカード」を意味するのですが、それはVisaデビットカードのこと。じつは増税負担も軽減してくれる可能性のあるこのカードのことについて、じっくり学んでみましょう。

「クレジット」じゃないカード?!

私はクレジットカードを使わない。持ってもいない。第1回で話したが、私にはお金で失敗した時期があり、「お金を借りて」買いものをするシステムのクレジットカードは、封印することにした。カードを持っていると、好きなものをどんどん買ってしまったり、自分に都合の良い「お金を使う理由」をつくりだして、無駄にお金を使ってしまうだろうと思っているからだ。

その解決策として、数年前から利用しているのがVisaデビットカード。日本で2006年にスルガ銀行で導入したのが始まり。2010年ごろまではスルガ銀行と楽天銀行しか取り扱っていなかったが、最近やっと取り扱い機関が増えてきた。

お金を使いすぎる人にこそ向いている

このVisaデビットカードは、該当銀行の口座を作ることができ、その銀行が定める年齢(15~16歳)をクリアしていれば、誰でも作ることができるカードだ。だから「ブラックな人でも持てるカード」などと宣伝されていたのだが、これは普通にクレジットカードの審査が通る生活をしている人にとっては、あまりよい印象とはいえない。しかし実は、私のようにお金を使いすぎる人には非常に良いカードなのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
家計再生コンサルタントの本音

横山光昭

家計再生コンサルタントとして過ごした15年近くの日々。ファイナンシャルプランナーとしての一面を持ち合わせながら、借金だらけの家計から、貯金を作りたい・増やしたいという家計まで幅広くサポートしてきました。その経験から、感じたこと、考えた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gcyn ふーん…デビットカード、今になってでも広がってるんだとしたら良い事だと思う。 4年以上前 replyretweetfavorite