第27回】劣化する歯学生 (後編) ~惨状はここまで来た!

歯医者過剰が社会問題となっているにもかかわらず、私立の歯科大学・歯学部は学費値下げ合戦で学生集めに躍起となっている。そしてキャンパスは留年者で溢れている。(後編)

 歯学部の学費値下げが進行している現状については前回の記事で触れたが、ヒートアップする値下げ合戦には「かつて高額な学費でぼろもうけして内部留保をため込んだ大学ほど値下げしやすい」(大学関係者)といった声もある。なりふり構わぬ薄利多売が、一部の私大歯学部では経営戦略となっている。学生や教育の質を確保するという意識は二の次なのである。

 ある歯科大の首脳は、他大の授業現場を訪れた際、歯学教育の惨状を目の当たりにして息をのんだ。上位私大である自身の大学の教室は常に満席で活気もある。歯学部教育の質低下が世間で騒がれることに反発してきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません