携帯電話、持ってますか?

今回のbar bossa店主・林伸次さんのコラムは「携帯電話」のお話。今や携帯電話は日々の生活に欠かせないアイテムです。仕事はもちろん、プライベートな情報もたっぷり詰まっていて、肌身離さず持ち歩いていないと落ち着かない人も多いはず。そんな携帯電話とどう付き合っていけばいいのか。もしくは、付き合う必要があるのか。林さんの言葉に耳を傾けてみましょう。

携帯電話は大変です

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

バーに限りませんが、お店でお酒を飲んでいるとき、普通は携帯電話をテーブルやカウンターの上に置いていますよね。あれ、スマホの場合、画面を上に向けている人は「秘密のない人」、画面を裏返して見えないようにしている人は「やましいことがある人」という説をご存知でしょうか。

確かに奥様が目の前にいて、ラインで彼女から「明日の食事の件だけど……」とか「愛してる!」って届いたら困りますよね。逆に画面を見せている人って本当に秘密がないんだなあ、すごいなあって思っちゃいます。

たまに、カップルで来店したお客様が、お互い携帯電話を触りながらお酒を飲んでいるのを見かけると「うーん、寂しいなあ。というか、そろそろこの二人終わりだなあ」って感じます。

あるいは「お仕事の関係で仕方なく飲んでいるんだな」って感じの二人組。一人がお手洗いに行った瞬間に、急いで携帯電話をチェックして、その相手が席に戻ってくる気配を感じたら急いで携帯電話を片づけるなんてシーンを見かけると「大人って大変だなあ」って思います。

ところで、僕の友人ですごくメールの返事が遅い人がいるんですね。緊急な用事ですぐに返事を欲しいなと思って、PCのメールアドレスではなく携帯電話のアドレスにメールをしても、返事が返ってくるのが半日後とか次の日だったりするんです。

仕事先のメールアドレスなら仕方ないなとは思うのですが、どうしてなんだろうとずっと気になってて、ツイッターのアカウントにダイレクト・メッセージを送ったりとか色んな方法を試したのですが、やっぱり返事は遅いんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Quishin くるり岸田繁以来の逸材や。。 約4年前 replyretweetfavorite

yoshihiro0604 僕は持ってるけどアンチスマホなので分かるなー。僕のロボット携帯は9割方が物忘れしないため自分にメールするだけやし。 約4年前 replyretweetfavorite

takayoshinakai ひとといる時は極力携帯をみないようにしたいものですなあ。 約4年前 replyretweetfavorite