春のお祝いごとに「カフェ・ステーキ」[第38回]

春の訪れに心躍るバダサオリさんが今回紹介するのは「カフェ・ステーキ」。リスボンのカフェで出されたのが評判だったことが名前の由来になっているこのステーキ。自宅でステーキなんてそんなのムリ!なんて決め付けないで、シンプルな手順であっという間にできるこの料理をぜひおためしください!

みなさんこんにちは。

3月も残すはあと数日、
東京はすっかり春めいてきましたね。

数日前に上野で見た桜の様子は、
どのつぼみも見るからに柔らかそうに膨らんで準備万端。
陽当たりの良い場所にあるつぼみなどはもう開く気まんまんで、
前のめりに咲こうとしている気配すら感じました。

知らない人と、知らない場所で、知らなかったことを始める春。
新しい何かがゆっくり動き出していくような、
外に向かって閉じたものが開き始める空気に満ちています。

具体的に何かがあるわけじゃなくてもいい。
まわりで起こり出す目に見えない胎動のような大きなうねりに、
自分もついでに巻きこまれていく感じで
ちょっとだけ気分を外向きにできれば、
それは自分自身の春の訪れです。

なーんて。
だって私、4月から何か具体的に新しいことが始まるわけじゃないから、
せめて春のスタート感を
自分の中にも認めたかったんです。
私にも、春が来てるぞ!って感じで。

そうそう、
自分自身のリニューアル事項はとくにないけれど、
まわりの人をお祝いする機会はあります。
友人の祝い事、
家族の祝い事。
さて、何を食べて祝おうかな。

春の祝いにふさわしく、
ここはステーキなんてどうでしょう。

ちょっと珍しい、ポルトガルのステーキをご紹介。
「カフェ・ステーキ」
「ビフ・ア・カフェBife a cafe」
という名前です。

なんでカフェ?
どこのカフェ?
ステーキでカフェ?

ポルトガル料理の文献に寄ると
昔々社交界で有名だったカフェがリスボンにあり、
そこで出されたステーキが評判だったことが名前の由縁だとか。
ポイントはソース。
もともとのソースは、生クリームやこしょう、マスタードがたっぷり使われていて
濃いめのソースだったようです。

今回は手近な材料で簡単にアレンジして
粒マスタードの酸味をきかせたものにしました。
このソース、とくに赤身肉と相性良し。
ポルトガルのレシピにも、
もものランプ肉を使うことと書いてあります。
つまり、このソースは霜振り肉よりも赤身のお肉に合うということ。
値段も控え目になるから、
親近感が湧いてきます。

サイドには、
春が旬のスナップエンドウと
フライドポテトをたっぷり。

えーっ、ステーキ焼くの!
勇気あるなあ。
料理に少しでも詳しい方なら、
きっとそう思われるかもしれません。
肉を焼くって、知れば知るほど難しいんですよね。
でも家庭料理に考え過ぎは禁物。
失敗しても食べちゃえばいいんだし、
もし心配なら肉を多めに買っておけば大丈夫。
だって今回扱う肉は、
普通のスーパーで売っている
100g280円のオージービーフ。
280円なら失敗しても軽傷ですみます。
手や膝をちょいちょい擦りむきながら、
自転車にうまく乗れるようになる感じです。

スーパーのステーキ肉はたいてい厚さが1㎝程度と薄いので
焼く前の段取りが命です。
材料は必ず事前に全部スタンバイさせて、
のせる皿も焼く前に並べておくこと。
何度か焼くときっと得意料理になりますよ。
なにしろ焼くだけですから。

それでは「カフェ・ステーキ」
作っていきましょう。

材料はこちらです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

agyrtria 気軽でいいね。にしても、誰か撮ってあげなよw 3年以上前 replyretweetfavorite