インターネットは「お山の大将」を許さない。

インターネットによって多様性はなくなり、小さな差を競い合う厳しい社会になっていく。そんな未来を変えるための鍵は、みんなが「お山の大将」になること? GoogleやFacebookが国家的な権力を持ったら、日本はどうなる? 川上さんがインターネットが発展していった先の社会について語ります。

ネットで弱者に厳しいのは、受験戦争を勝ち抜いた人

— 川上さんは、いろんな才能がある人々と仕事をされていると思うんですが、そもそも、才能ってなんだと思いますか?

川上量生(以下、川上) 才能は希少性ですね。

— おお、シンプルな定義だなあ。ちょっと補足すると、希少かつ、需要にマッチしたものが才能ってことですかね? それとも、まったく世の中の役に立たない突出した能力も才能だと?

川上 まあ、市場性とわけて考えたほうがいいと思いますけど、基本は希少性だと思います。才能のレベルがとても高くても、競争相手がたくさんいるジャンルで認められるのは大変ですよね。例えば、プロ野球選手は、裾野が広いから大変ですよ。

— たしかにそうです。競争が少ないところだと、楽に希少性が獲得できる。

川上 みんな希少性と能力の高さをリンクさせてイメージしているでしょ。たとえばイチローとか、すごいですよね。でもどこまですごいのかということを冷静に考えると、こういう世界では、天才であればあるほど大してすごくないんですよ。

— ええー(笑)、どういうことですか?

川上 100メートル走で考えるとわかりやすいと思うんですけど、100メートル走って世界的なレベルの選手になればなるほど、縮まるタイム数っていうのは減っていきますよね。最終的には、コンマ1秒の差で天才かどうかが決まる。人間の能力っていうのは、ある程度まではみんな同じところまで伸ばせるんです。そこから、薄皮一枚分だけ突き抜けた人が、天才と呼ばれる。これが、スポーツ競技などの競争の激しい分野での天才の定義。

— ああ、なるほど。わかりました。競争が激しい世界だと、1番の天才と2番手の選手との差があまりないという矛盾がおきるんですね。

川上 そう。実はそんなに能力的には差がない。

— そういう意味では、人生ってポジショニングがすごく大事ですよね。

川上 そうです。競争が激しいところで天才と呼ばれるのはめっちゃ大変ですよ。割にあわない。で、僕が受験競争をあまりよくないと思うのは、競争が激しいゆえに、全員が少しの点差を争う構造になっているところ。どうでもいい差を拡大して見せるのが受験ですよね。

— たしかに、試験で誰々より何点上だったなんていうことは、受験時以外は何の役にも立たないですよね。

川上 でしょう。なのに、そこで競争を続けてきた結果、試験で点数が良かった人って、変なエリート意識が身についちゃうんですよ。ある程度偏差値の高い大学に行った人って、自分たちを勝者だと思ってるじゃないですか。

— そうかもしれませんね。

川上 それがいろいろ勘違いを生んでますよね。やっぱりネットの中でも、弱者に厳しい人は成績が良かった人だと思うんです。多様性って言葉があるじゃないですか。多様性は大事だってみんな言いますよね。多様性のない社会っていうのが、一番厳しい世界なんですよ。1つの指標で競争させられるわけですから。僕は、インターネットって社会の多様性をなくすものだと思うんです。

— ええ! インターネットは多様性をなくすんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mada_saki_aru_p 勉強になりました。 https://t.co/89n0Cvi09v 約1年前 replyretweetfavorite

hiroyukixhp “【第11回】 1年以上前 replyretweetfavorite

hisaya_010279 いい記事 有料なの悲しいンゴ 約2年前 replyretweetfavorite