ママタレントの交通渋滞を考える—追い越し車線を探す熊田曜子

近年、芸能界で新たに発掘された「ママタレント」というポジションに、女性タレントたちが殺到しています。「若さ」を武器に芸能界で戦ってきた彼女たちにとって、その先にある「ママタレント」は大きな希望に見えたことでしょう。しかし今度は、あまりにママタレントが増えすぎてしまい、ひどい交通渋滞を起こしているようです。今回の「ワダアキ考」は、そんな中でも力強く生き抜いている「熊田曜子」に迫ります!

帰省ラッシュばりに渋滞するママタレ街道

交通渋滞は、その先で事故が起きていなくとも生じる。それぞれの小さなブレーキが積み重なって車間が詰まる。あるいは登り坂だと気付かずアクセルをそのままにして自然と減速することで、渋滞が発生する。つまり、渋滞に特定の犯人はいない。一つの道に多くの車が密集すれば、おのずと渋滞は発生するのだ。今、ママタレントは、大渋滞の中にある。実際の交通渋滞とは異なり、率先して少しでもそこに留まろうとするものだから、後続はたちまち行き詰まる。育児ブログとライフスタイル本を両輪に、のろのろ運転を続けていく。この道を抜けてはならぬと、堂々と路肩に駐車している気配すらある。ママタレント同士でランチするシーンをブログ等で頻繁に見かけるが、あれは渋滞中のインターチェンジで一休みしている光景、ということ。しかし、その休憩中にもママタレ街道には新たな車がどんどん乗り入れてくるし、そのインターチェンジ休憩にしたって、穏やかなランチと思いきや、それなりの火花が散っているのだろう。

ママタレ渋滞の最後尾でアクセルをブォンブォン吹かす熊田曜子

女性タレントが結婚すればたちまちウェディング本、子どもが生まれれば育児本、続けてレシピ本、こうして次々と生まれる需要にそれぞれ答えていくのだから、そりゃあ渋滞する。「もっと全体をピンクっぽくしたーい」「ここの花柄は外せなーい」程度の助言でキッズブランドやマタニティ系統のプロデュースをする場合もあるし、なかなか混雑は解消しそうにない。一通り手を出しつつもかつての仕事を取り戻していく(もしくは海外に移住する)のがファッションモデルの皆さんならば、折角乗ったママタレ街道にとことん居座ろうとするのがバラエティやグラビアに住んできた皆さん。小倉優子であり、紗栄子であり、藤本美貴であり、辻希美であり、辺見えみりであり……彼女らがインターチェンジで談合する間にも、たとえば優木まおみあたりはそろそろエンジンをかけはじめている。竹内結子や篠原涼子のように出産・子育ての気配を殆ど出さずにヘリ移動で渋滞を回避できる人はレアケース、ひとまずはママタレ交通渋滞の最後尾に位置づけられることになる。唐突だが、その最後尾でアクセルをブォンブォン吹かしているのが熊田曜子、なのだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yokoleaf これもこれで面白かった。 約4年前 replyretweetfavorite

774064_iti 少年誌や写真週刊誌のグラビアは、給食当番のように週代わりでAKB周辺が独占し、バラエティに華を添えるのは話のできるハーフタレントとモデルばかりだ #頑張れグラドル | 約4年前 replyretweetfavorite

suddenharu 【今朝の面白かったコピー】 約4年前 replyretweetfavorite

fujico55 これは小気味いいw 約4年前 replyretweetfavorite