立ち往生」第1回 — すみません、どうぞ

「おゆずり下さい。この席を必要とされているお客さまがいます」。よく見かけるメッセージの陰には、絶対に譲れない思いを持ったこんな老人がいるのかもしれません……
Twitterのフォロワー6万以上、日々トガったツイートで人々を魅了する鬼才、ダ・ヴィンチ・恐山。ウェブの世界を飛び出して大喜利やマンガでも活躍 する彼が、品田 遊(しなだ・ゆう)として、初の小説連載をcakesで開始しました。(連載をまとめた単行本はリトル・モア社から刊行予定)

 飯沼二郎は電車に乗ったとき、絶対に優先席に近づかないことにしている。優先されるからである。

 二郎は先々月に六十七歳の誕生日を迎えた。とうに定年していて、退職金と年金で「余生」を送る身であり、外見にも相応の老いが見られる。だから優先席で優先されるのは当然のことではあるのだが、それが二郎にとっては我慢ならないのだ。

 彼は今、国分寺駅のホームに立っている。

 生まれて初めて席を譲られたのは、忘れることのできない、昨年の秋である。やや混みあった電車の中、二郎は吊革に掴まって立っていた。すると目の前の優先席に座っていたサラリーマン風の男が突然「すみません、どうぞ」とつぶやき腰を上げ、そそくさと席を離れていったのである。二郎は辺りを見回した。席を譲られた老人や妊婦やケガ人、あるいは松葉杖をついている臨月の老婆などの存在を探したのである。しかし、それらしき者は見つからなかった。代わりに気づいたのは、周囲の客たちが二郎に注ぐ視線であった。生暖かい視線に押されるようにして空いた席に腰を下ろしたが、うつむいた二郎のはらわたは煮えくり返っていた。あ、あ、あ、あの男、私を老人だと思っていたのか。それに「すみません」という言葉。こ、この私が席を譲るように強要したとでも言いたいのか。舐めるな、私はお前なんかよりよほど体力もあるんだ。あの野郎。許せん。叩き斬ってやる。二郎は降りるまで屈辱に震えていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
中央線に乗って

品田 遊

Twitterのフォロワー6万以上、日々トガったツイートで人々を魅了する鬼才、ダ・ヴィンチ・恐山。ウェブを飛び出して大喜利やマンガでも活躍する彼が、品田 遊(しなだ・ゆう)として、初の小説連載をcakesで開始します! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

d_d_osorezan そういや自分似たような話書いてた。 https://t.co/8vgdnGlXCi 4年弱前 replyretweetfavorite

d_v_osorezan 「飯沼二郎は電車に乗ったとき、絶対に優先席に近づかないことにしている。優先されるからである。」 4年弱前 replyretweetfavorite