ジジババ」になる練習

高齢化が凄まじいスピードで進む日本。それもまた、僕たちが確実に迎えなければならない未来です。さて、個人レベルでは何ができる? そんなことを考えてみました。

 今から20年ほど前のこと。80代後半になった僕の祖母は、足元がおぼつかなくなりはじめていました。深く腰を曲げ、難儀そうに歩く後ろ姿を今でもはっきりと憶えています。

 そんな祖母の晩年をなんとか過ごしやすく、かつ安全なものにしてやろうと母は四苦八苦でした。例えば電子レンジでご飯が炊ける炊飯器が発売されると、すぐに買ってきては祖母にプレゼントしていました。しかし、電子レンジでご飯を炊くという発想にどうにもなじめなかったのか、結局ほとんど使われることなく、台所の片隅で埃をかぶっていました。せっかく買ってあげた補聴器も「うるさすぎる」と結局使用せず。

 そんなふうに祖母の面倒を見ていた母も、今はもう78歳の後期高齢者です。そんな彼女にMacBookを買ってあげたのが、もう7年ほど前でしょうか? そして、それから5年ほど後にはiPadを買ってあげると、パソコンよりもよほど使いやすかったらしく、それからは利用頻度がぐっと上がりました。アマゾンで買い物し、FacebookやTwitterで暇をつぶし、iBookで読書したりと、僕らの世代とまったく変わりません。

 いまや「老人こそネットをするべき」が母の口癖です。歳をとれば体が不自由になり、出かけるのがおっくうになる。大雨や雪の日に外出して、転倒したくない。でもネットを使えば、お米でも洋服でも玄関先まで届けてくれる。遠隔地に住む孫や息子の顔も見れる。「老人こそもっとネットを使うべき」という言葉には、説得力があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「30代や40代から凝り固まっていたら、それはつまり、若くしてジジイやババアになる練習をしているようなもの」 https://t.co/RcFC4hPrZb 4年弱前 replyretweetfavorite

nextbaron 「いまや「老人こそネットをするべき」が母の口癖です。」 4年弱前 replyretweetfavorite

shingolaw ミーハー万歳。新たな文化に触れる機会はいつだって楽しい。今から軽薄なジジイになる練習だw 4年弱前 replyretweetfavorite

afafro 僕は63歳になる両親に、三年前iPadを買ってあげました。良い買い物だったと思います。→ 4年弱前 replyretweetfavorite