高橋恭司展—意味がなくても意味がある

視界広く、こまかいところまでうつし出せる大判カメラ。一般的に、世界遺産などの雄大に広がる風景を撮ることが多いのですが、何気ない場所にレンズを向けることで、新しいものを写し出すことに成功したのが高橋恭司さんです。東京NORTON GALLERYで開催中の「高橋恭司展 ~Kyoji Takahashi,Witness of the 1990s~」に足を運び、日常が驚きに変わる新鮮な旅に出てみませんか?

東京・表参道の路地には、あちらこちらにひっそりと、小さなギャラリーがあります。知らなければ通り過ぎてしまうような佇まいのところも多いものですが、散策がてら探し出すのも楽しいものですよ。

そのひとつ、NORTON GALLERYでは現在、「高橋恭司展 ~Kyoji Takahashi,Witness of the 1990s~」が開かれています。

高橋恭司は1990年代から活動する写真家です。現在も新作も続々と発表されてはいるのですが、今展では90年代に撮られた初期の作品が中心に並んでいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MeikoIto |どこより早い展覧会案内ーーアート・コンシェルジュからの便り|山内宏泰|cakes(ケイクス) これ読みたいがために有料会員になりました。ワクワク。 https://t.co/PGi0ayAGSd 4年以上前 replyretweetfavorite

takurokoma 大判カメラで撮影した 20年前の写真。 4年以上前 replyretweetfavorite