孤独・ミシン・ケインズ

春めいてきましたが、皆さん、読書していますか? 今回の「新・山形月報!」は、オースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』(ハヤカワ文庫SF、上下)、マイクル・クライトン『アンドロメダ病原体』(ハヤカワ文庫NV)、アンドルー・ゴードン『ミシンと日本の近代』(みすず書房)、J・M・ケインズ『デフレ不況をいかに克服するか』(文春学藝ライブラリー)、『ケインズ説得論集』(日本経済新聞出版社)などが論じられています。ぜひ、チェックしてみてください!

お久しぶりです。通常、ぼくの仕事はあまり年度とは関係ないんだが、今年に限ってはなぜか3月締めの仕事が多く、それもゴリゴリに経費チェックされる面倒なプロジェクトがあってばたばたしております。みなさん(社会人)は、無事年度を越えられそうですか?

さて、今回は—オースン・スコット・カード『エンダーのゲーム』(ハヤカワ文庫SF、上下)の新訳版を読んだ。実は『エンダーのゲーム』は、ぼくの大学/サークル/翻訳者としての大先輩たる野口幸夫がかつて訳していた。それが、映画公開(なんかすぐ終わってしまったので未見)にあわせて新訳版で出されたものだ。

エンダーのゲーム〔新訳版〕(上)

エンダーのゲーム〔新訳版〕(上)

『エンダーのゲーム』は6歳の少年エンダーの成長物語。かれは異星人による第3次侵略に備えるべく、地球艦隊総指揮官の候補として密かに選びだされ、超エリート士官養成学校にぶちこまれる。その中で、エンダーを最高の指揮官に仕立てるために教師陣が行うこと、それはエンダーを孤立させることだ。他人をあてにできない/しないことを心身にたたき込む。それにより、ある目的に向けて冷酷かつ計算高く戦略を練りあげる至高の指揮官が生まれる『エンダーのゲーム』って基本はそういう話。もちろん最後に、その問題の異星人との対決は出てくるんだけれど、それはもうおまけみたいなもので、えらく駆け足になる。

この本は、アメリカではプロからも一般読者からも高い評価を得ている。その理由についてぼくは、これが孤立と孤独の物語だから、というのが大きいんじゃないかと思う。孤立や孤独というのは、かつてのSFを支える一つの感情的な支柱だとぼくは思っているからだ。

昔は(いや今だってそういう面はある)SFなんて出来の悪いおたくのいじめられっ子の逃避読み物だった。でもSFでは、そういう孤立した子たちが実はなにやら特殊能力持ちのエリートだったのだ、という話が量産されている。実は現実世界のそうした子たちはあまり能力や魅力がないがゆえに孤立していたりするんだけれど、でも彼らはSFを通じて、自分たちは何か特殊な役割や能力を持っていて、そのために孤立しているんだ、という夢想にふけることができるわけだ。

たぶん一部の人しか知らないだろうけれど、オッドマン仮説というのがある。マイクル・クライトン『アンドロメダ病原体』(ハヤカワ文庫NV)に出てくるものだ。その仮説のひとつには、最後のピンチになって何の根拠もなく何か重要な選択をしなければいけない状況で、なぜか独身男性が統計的に正しい選択をすることが多い、というものがある。本当にそんな仮説がどこかにあるのか、それともクライトンがでっちあげたものなのかは知らない。小説の中では、この仮説のおかげで主人公の男性が病原体研究施設の核自爆装置のスイッチだか解除装置だかを与えられる。そしてクライマックスでは(もちろん!)カウントダウンと戦いつつそいつが……。

さて当時のSFファン(もちろん彼女のいない独身男性がほとんど)は、そのオッドマン仮説がえらく気に入った。「そうだ、オレたちはいざというとき正しい判断ができる! 彼女がいるやつとはちがうんだ! オッドマン仮説だ!」といった負け惜しみの気勢を飲み会で上げていたのは懐かしい思い出だ。もちろん、超能力があるから孤独だとか、そんな馬鹿げた妄想は中学生くらいで当然棄却される(そうでない人もいたけれど)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

die_kuma 『ミシンと日本の近代—— 消費者の創出』読みてえええ(けどちょっと高い)。 4年弱前 replyretweetfavorite

sadaaki 孤独とミシンとケインズがテーマの書評をかけるのはこのかたくらいですよね。「ミシンと日本の近代—— 消費者の創出」なんて本がえらくおもしろそうに見えてくるからすごい。 4年弱前 replyretweetfavorite

agyrtria いやあ、ノリノリだ。久々の山形月報⇒ 4年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_LV0 ずっと気になってた「エンダーのゲーム」、がぜん読みたくなったーーー 4年弱前 replyretweetfavorite