男二人であてもなく楽しむカジュアルな銀座

今回は、ふらふらっと銀座を訪れた時におすすめのお店をご紹介! まず最初は、変わらぬ味を守り続けて50年の老舗おでん屋。玉子やちくわなど、定番のたねを楽しんだ後は、気分を変えてソムリエの阿部誠さんのシャンパンバーへ。最後の締めは、卵かけごはんが絶品の『煙事』。この記事を参考に、カジュアルな銀座を楽しんでみてはいかがでしょうか?

老舗の関東風おでんと、料理も満足のシャンパンバー

先日、プロダクトデザイナーのマーク・ニューソンがデザインした日本刀の発表会が、新橋の東京美術倶楽部という渋いビルであった。刀2本、ケースとセットで3800万円、なかなかイカした値段である。レセプション会場ではちあった先輩と、さて飯でも行くかとなり、銀座へ繰り出す。寿司でも食べるかと『しみづ』に電話するも満席で玉砕。そういえば、しみづの女性のスタッフ、近々独立されるらしいということを先日お聞きした。女性の握るお寿司自体珍しい上に、店主が女性というお店、非常に楽しみである。そののち、京都『幸村』にいたご主人の立ち飲み割烹『銀座しまだ』(意外に知られてないが「俺の〜」シリーズのテストマーケティング店でもある)にトライするも、こちらも満席で30分待ち。諦めておでんでも食べるかと、老舗『お多幸』へ。こちらはすぐに入れて、こはだの酢の物、なめこおろしなどをつまんだ後、玉子〜ちくわ〜げそ〜すじ〜たこと定番のたねを楽しむ。おだしは黒い関東風。持ち帰りもできて、おみやげにおでんを持って行くと喜ばれることうけあい。今回は頼まなかったが、たしか特製の容器にいれてくれるはず。これがかわいいのだ。

二軒目は一風変わってシャンパンでも飲みに行くかと、ソムリエの阿部誠さんのシャンパンバー『ヴィオニス』へ。カウンターの向こう側、シャンパンボトルが斜めに収納される特注のセラーが壮観。ボトルのラインナップが豊富なのはもちろん、選りすぐりのシャンパーニュをグラスで飲めるなんとも素敵な店だ。この日はジャック・セロスをはじめとしてグラスのセレクションは4種類。僕は、ルラージュ・プジョーという初めての銘柄にトライ。最近有機農法に切り替えたらしいが、コクのある飲みくちで、好みど真ん中のテイスト。早速、帰ってボトルを購入しようとメモメモ。二杯目はサロンの姉妹ブランドである、ドゥラモットをチョイス。お通しに出てくるにんじんのスープもシャンパンにぴったりの美味であった。ここは料理も美味しくて、シャンパンをじっくり満喫しようという日は、ボトルで頼むもよし、グラスで種類を味わうもよし、一軒目からくるのもオススメ。以前、シャンパーニュ好きの友人の誕生会をしたことも。日本橋にも系列のワインバー『東京ぶどう酒店』があってこちらは僕は未訪問。機会をみつけて行ってみたい。

世界のキタノも通う(?)バーで燻製とアイスワインを

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 東京を完璧にエンジョイしている人の一日。ぼくもやろう。 4年弱前 replyretweetfavorite

Kyo_Kat_ どの店も足を運んでみたくなる解説力がほんとすさまじい“@cakes_PR: 山本憲資@kensukey|フィットする晩餐|” 4年弱前 replyretweetfavorite