西加奈子×海猫沢めろん vol.2「友達いる?」と聞けない時代に

自殺してしまった友人・K君にあてて、『頑張って生きるのが嫌な人のための本』を書いたという海猫沢めろんさん。「自由になるには死ぬしかない」と達観していたK君の決心は、どうしたら変えられたのでしょうか。そして、K君にとってのめろんさんのように、自分を心配してくれる友達がいない人はどうすればいいのでしょうか。

「自分は自分」が一番むずかしい

西加奈子(以下、西) めろん君が、自殺してしまったK君にあててこの本を書いたってことは、めろん君は、K君には死んでほしくなかったってことよね?

海猫沢めろん(以下、めろん) う~ん……そこはいまだにわからなくてさ。最近、ベルギーで子供の安楽死を認める法案が可決されたの。たしかに、一生治らへん病気になっても苦しみながら生きなあかんって、死ぬより嫌かもわからへんよな。つまり安楽死って、絶対に逃れられない苦しみから解放される手段として、死が肯定されるわけやん。でも、「自由になりたい」と苦しんでいたK君のその気持ちは、不治のものではなかった気がしてるというか、「死」以外の処方箋もあったんじゃないかって。

西 K君には、「何者かになりたい」感もあったからな。

めろん 「俺はこんなもんじゃねえ」っていうね。K君も小中学校くらいまではうまくいってて、バスケやってるリア充やったんやけど。

西 ……めろん君のリア充の定義ってなんなん?

めろん え、学生時代にスポーツしてたらリア充っぽくない? K君のドレッドヘアの兄貴はリア充のままうまくいったわけで、K君もうまくいけばよかったんだけど、どこかで他人の目みたいなものを気にしだして、バスケがうまくプレイできなくなって悩み始めた。それって完全に自意識の問題やん。そういうふうに他人の価値観によって生きさせられてる人を治せないかなと。

西 そこで「自分は自分」やって認められるかどうかが重要なのよね。めろん君はこの本で、「自分は自分」やっていうのを前向きに認めるんじゃなくて、「だってもう自分なんやし、しゃあない」みたいに後ろ向きに認めることもすすめていて、それもすごくええなって思った。めろん君自身もそういう生き方をしてて、そこが素敵なんだよね。あんまり人に興味ないし、疲れてるときは疲れてる顔を隠さへんでしょ?

めろん それ、たんに空気読まれへん人やん(笑)。

西 でも、うちも、うちの周りの人もみんなめろん君大好きやし。それはたぶん、めろん君が自分を大きく見せようとせえへんからやと思う。こっちを脅かさへんし、逆にこっちがどんだけひどい話しても、絶対に引かへん。それは人に興味がないってことのいい反転やと思うんやけど。

めろん いや、人に興味はあるけど!

西 ほんま?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
頑張って生きるのが嫌な人のためのはなし

海猫沢めろん

年間3万人前後もの人が自ら死を選ぶ自殺大国・日本。ゆたかな国にも関わらず、根強くはびこっている閉塞感と生きにくさ。海猫沢めろんさんの友人・K君は、そんな閉塞感から自由になるために自殺を選択しました。めろんさんが、K君と、おなじ悩みをか...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uminekozawa 西さんとの対談はこれにて一段落。) vol.2(https://t.co/8tHrci700w) vol.3(https://t.co/ZCReWuyau9) #life954 約4年前 replyretweetfavorite

gcyn 『「自由になりたい」と苦しんでいたK君のその気持ちは、不治のものではなかった気がしてるというか、「死」以外の処方箋もあったんじゃないか』 約4年前 replyretweetfavorite

s_hikaru 構成を担当しました。 約4年前 replyretweetfavorite