ドレスコーズの志磨遼平さんに無謀にも直談判! サルでも作れるロックフェス講座【第26回】

テレビブロス読者、キネボルタの無茶ぶりにより、ロックフェスを開催するハメになったジョン・ヒロボルタさん。せっかくなので有名アーティストを呼びたいということで、ページの常連ゆめたむボルタが得意なキャラ弁でドレスコーズの志磨遼平さんに猛アピールします。
ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボルタさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始まる、アメージング・ドキュメンタリー!

〜前回までのあらすじ〜  

1/18(土)に開催する音楽フェス『フェスボルタ2014迎春』。それに出演するアーティストをブッキングするべく、自分が呼んでみたいアーティストに“想いを込めた手紙を渡す”作戦を展開しているのですが、曽我部恵一さんに手紙を渡しに行ったキネボルタは、前回、見事失敗に終ってしまいました。しかし、我らがボルタ軍団の奇襲攻撃はまだまだ続きます! 今回はそのリベンジということで、ブロス連載でもおなじみの志磨遼平さんに手紙を渡すべく、我らがエース、ゆめたむボルタが立ち上がったのでした!

 ゆめたむボルタには、他人に真似できない武器があります。そう、皆さんご存知の「ジャケ弁(アルバムのジャケットを模したお弁当)」です。それとともに出演オファーの手紙を持って、お腹が減っているであろうライブ終わりの志磨さんに渡しに行くことに。
 ところが「志磨さんの連載があったからブロス読者になった」ほど大ファンだというゆめたむボルタ、対面を前にしてご覧の通り……


▲もう泣いてます。大丈夫かなあ…。


▲顧問として励まします。「自信を持って!」「はい…(涙)」。


▲さあ、いよいよ我々の番です! 魂が抜けそうなゆめたむ…。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
雑誌で自分の携帯番号【090-6143-2407】を公開したら

ジョン・ヒロボルタ

泣く子も笑うサブカル雑誌『TVBros.』で連載中の超異色連載『090-6143-2407 ジョンと出会った読者たち』がついにcakes上陸。ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボル タさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始ま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

johnhirovolta フェスボルタに至るまでの経緯、こちらでも読めます   2年以上前 replyretweetfavorite

johnhirovolta VIVA LA ROCK出展記念で今なら無料で読める! 4年以上前 replyretweetfavorite

tamachang0515 ゆめたむボルタ 奇跡感涙編! 4年以上前 replyretweetfavorite