人を見るプロから与えられた"孤独な不良"という大役

映画『クローズ』シリーズの最新作、『クローズEXPLODE』の主役・鏑木旋風雄(かぶらぎ・かぜお)に抜擢された東出昌大さん。実は、高校生のときよりモデルを務め、パリコレにも出演する“見せるプロ”でした。その後、2012年に好評を得た映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビューを果たし、演じることにキャリアを移しました。そして、今作では初めての映画の主役かつ、圧倒的な強さをもちながらも群れることを嫌う孤独な不良役。役を得るまでの舞台裏を話してくれました。そこには、役に決まった意外な理由も。

いままでの映画とは違うんだと思った

— 朝ドラ『ごちそうさん』のヒロインの夫、西門悠太郎につづき、今回は映画『クローズEXPLODE』の主役・鏑木旋風雄(かぶらぎ・かぜお)と、立て続けに大きな役を射止めてますよね。

東出昌大(以下、東出) ありがとうございます。自分自身驚いていますし、うれしいです。

(C)2014髙橋ヒロシ/「クローズEXPLODE」製作委員会

— 主役に抜擢されたときの感想は?

東出 豊田利晃監督の作品がもともと好きで、「こういう大人ってカッコいい!」と思う作品をつくってらっしゃるので、選んでいただいたときは、本当にうれしかったですね。
※豊田利晃(とよだ・としあき):日本の映画監督。1991年、阪本順治監督の『王手』で脚本家デビューし、98年に『ポルノスター』(主演:千原ジュニア)を初監督する。代表作は『青い春』『空中庭園』『モンスターズクラブ』などがある。

— 筋金入りの不良たちがとんでもない熱量でぶつかりあう『クローズ』をあの豊田監督が撮るって聞くだけでワクワクします。『クローズ』は原作の漫画がシリーズ累計発行部数7500万部以上の大人気作。オリジナルストーリーで映画化された『クローズZERO』『クローズZEROII』もメガヒットしました。

クローズ(1) (少年チャンピオン・コミックス)
クローズ(1) (少年チャンピオン・コミックス)

東出 監督がアクションエンタテインメントを撮る時点で、そのまま王道でやらないだろうと思いました。

— それぞれの立場の不良たちの、ケンカに明け暮れる毎日を通して、暴力の裏にある内面、優しさとか悲しさ、危うさを感じました。

東出 見ていて胸が熱くなる人物描写ですよね。役に決まったとき、監督に「やる?」と聞かれたときに、豊田監督が撮るいままでとは違う『クローズ』の主役に挑戦したいと思い、意志を固めました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

dmenu

この連載について

初回を読む
イマ輝いているひと、東出昌大「“男らしさ”のスイッチを求めて」

東出昌大

モデルから俳優に転身して以来、映画やドラマ、CMと着実にキャリアを積んでいる東出昌大さん。しかし、「いまでもまだ芝居がわからない」と赤裸々に語ります。その言葉の裏には、不安やプレッシャーの中でも崩さない芝居への真摯な姿勢がありました。...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません