ロボットと人間、「人道的」なのはどっち?

平時に人を殺せば殺人犯なのに、たくさんを殺すと勲章がもらえるのが戦時。そんな狂気の世界、いっそロボットに任せては?

 アメリカという国は建国以来、戦争をしていない時がほとんどないという恐るべき国家なのです。軍事費も莫大です。世界で最も優れた兵器を有しているのは、いつだってアメリカなのです。

 そんなアメリカの軍隊に、今3つの大きな変化が訪れています。

 ひとつはアメリカ人が戦死者を出すことに対して、大きな抵抗感を憶えるようになったことです。兵士たちが星条旗に包まれて帰ってくることは、もはや受け入れられないのです。いかに自軍の兵隊を死なせないか。これが米軍が抱える大きな課題です。

 ふたつめは戦闘形態の変化です。かつて戦争と言えば、空から爆弾をたくさん落として街ごと焼き払ってしまうようなものでした。しかし今の戦争では、民間人が生活する市街地が戦場となり、しかも相手は軍服さえ着ていないゲリラ戦士たちなのです。戦地に送られるまだ20代の若者たち一人一人が、ごく少人数、あるいはひとりぼっちで敵と対峙し、戦闘員か否かを瞬時に判断し、的確に相手を殺すという、重い任務を担わなければなりません。

 3つめの大きな変化、それは軍事技術のIT化です。上記2つの難問を解決すべく、たくさんの技術が開発され、実戦に投入されてきました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

negio 途中までしか読めないんだけどこれまんまメタルギア4の世界じゃーん 4年弱前 replyretweetfavorite

nazenazeboy ロボット3原則を決めるのは人間だからなー。 それにしても、DARPA主催のコンテストで優勝したシャフト社のロボットは凄い。 4年弱前 replyretweetfavorite

kiarohibear 人間がロボットとどう付き合うかで未来が決まりそう。 4年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi この辺りもあの映画を想起…>> "こうした一連の決定を、感情に左右されずにアルゴリズムに決定させた方が、人間に多大なストレスを与えながら決定させるよりもずっと「人道的」であるかもしれません。" 松井博 http://t.co/5hL2eJN5WM 4年弱前 replyretweetfavorite