第2回 男の乳首を舐める女性について【痴女AVとは何だったのか】

男性の乳首を舐めてあげたり、さわったり。今では、けっこう多くの女性がパートナーとの営みの中でカジュアルに行なっていることではありますが、つい10年ほど前まではマニアックなプレイの一種だと思われていました。この行為を世の男性たちが好むようになったきっかけを、ご存知でしたか? 張本人の一人であるAV監督・二村ヒトシさんが自ら解説します、性と恋愛についての連載、第二回!

あなたは舐めた(舐めてもらった)こと、ありますか?

セックスのさいに恋人の乳首を舐める女性は、いい女だと思います。(個人的見解です)(それをしない女性が悪い女だというわけではありません)(舐められて、きもちいいのに声を出さない男は悪い男だと思います)(この( )を連続させるのは枡野浩一さんのツイッターのまねです)

しかし、いい女の中には、恋人から依頼されて【舐めてあげてる女性】も少なくないでしょうし「なんで私は舐めさせられているんだろう? 男が女の胸を舐めるならわかるけど……」と、いぶかしむ女性もいるでしょうし、さらにその中には「舐めていても楽しくないし、なんとなくイラッとする」と考えている女性もいるかもしれません。

cakesで連載させてもらうことになった僕が、代表の加藤さんに呼ばれて打ち合わせに行きますと、そこにはライターのFさんという美しい女性がいました。

これから僕はFさんの力を借りて連載記事を書いていくわけですが、それはともかく、前回に書きましたように僕と一緒にキャバクラに行ったとき僕のエロ話が呼び水となり自分の恋や人生について語るうち号泣しだしたバニーガールさんを見て感心していた加藤さんが見ている前ですから、ここでもまた僕はエロ話をしたほうがいいのかなと思ってしまいまして(と加藤さんのせいにしていますが)初対面だしエロ業界と縁がなさそうなFさんなのに「僕が、どういうAVを撮っているのか」という具体的な例として【痴女もの】というジャンルの話をしました。

お好きな方であれば痴女と聞けば「ああ、あれね!」とすぐわかるでしょうが、AV以外でも使われている【レズ】とか【レイプ】とか【SM】とか【スカトロ】のようなことばでもないし、AV独特の用語ですが初めて聞いても大人ならなんとなく意味はわかるであろう【精子ぶっかけ】とか【ハメ撮り】のようなことばでもないので「痴女って、なに? 痴漢の女版?」と思われるかたも多いでしょうから説明します。(会社のPCでcakesを読んでるみなさん、へんなことばを頻出させてすみません)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

1x08 男の乳首を舐める女性について【痴女AVとは何だったのか ①】|二村ヒトシ| アメリカのスタバのいいところは、日本語でこういうの読んでても周りには全くわからないことですね 5年以上前 replyretweetfavorite