牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第九回

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説! (『少年タケシ』2011年5月更新分より)

近くにある梅花亭という和菓子屋は、老舗というわけではない。
老舗で言うならば、駅を出て向かいにある清水(あるいは「清水屋」が正しいのか、店名がはっきりせず、それもまた味がある)です。加寿子荘より古いと思われる木造の一階でしずかに和菓子を売っています。
さて、そのわりと新しい梅花亭の方に、こんな貼り紙があったのを目にした。

スイカ
の形の上生
菓子あります

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード