有名アーティストをフェスに呼ぼう! サルでも作れるフェス講座? 【第25回】

テレビブロス読者、キネボルタの無茶ぶりにより、ロックフェスを開催するハメになったジョン・ヒロボルタさん。せっかくなので有名アーティストを呼びたいということで、キネボルタが大好きなあのミュージシャンに直談判に行ったのですが……。
ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボルタさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始まる、アメージング・ドキュメンタリー!

読者のキネボルタ(旅情系温泉バンド「ハービバノンノンズ」のボーカル)に勝手にライブハウスを押さえられ、1/18(土)に音楽フェス『フェスボルタ迎春』を開催することになってしまったジョン・ヒロボルタ。さて、どのアーティストをフェスに呼ぼうか? そこで「手紙に熱い想いを込めて、大好きなあのアーティストに渡そうではありませんか!」と前号でヒロボルタが呼びかけたところ、早速キネボルタが動き出しました。曽我部恵一にぜひとも出演していただきたいと心から願う彼は、その想いを手紙に込めて、田中正造ばりに直談判に向かったのでした。

 向かった先は、下北沢にある曽我部恵一のお店「シティーカントリーシティ(CCC)」。…ところが、キネボルタいきなり遅刻! 曽我部さんのTシャツを着ていこうと思い、失礼がないよう直前に洗濯をしたら乾かなくて、待ち合わせ時間に遅れてしまったんだそうです。でもいいんです。アポなし突撃にそもそも遅刻はありませんからね。

 さあ手紙を握りしめ、いよいよ「CCC」へ突入です! 濡れた曽我部Tシャツも、上がった体温で乾いたみたいです。

 キネ「すみません、曽我部さんいらっしゃいますか?」スタッフ「いないんですよ」(ああ、門前払いか)とやりとりを見ていた僕は半ば諦めていました。だって、普通にスタッフさんの立場で考えたらめんどくさいし、何より怪しいですもん。でも、心優しいスタッフの方は、忙しいにもかかわらず嫌な顔ひとつしないで僕らの話を聞いてくれました。結果、スタッフの方のご好意でお手紙は渡していただけることになりましたが、

「事務所にメールしたほうが早いと思いますよ」

とアドバイスをいただきました。そりゃ確かにそうですよね。いけない、僕ら先走り過ぎてしまって、田中正造じゃなく山本太郎になってましたよ。

 てっきり「きっと曽我部さんはいるはず」と思っていたキネボルタは、しばらくお店の前でうなだれていました。でも彼は顔をあげてこう言いました。


ここまできたらダメもとで事務所に行きましょう! 今やれることは全部やりたいんです。

なんて熱い男なんでしょう。さすがは勝手にフェスを企画した男。ということで、僕らは曽我部さんの事務所に向かいました。しかし……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
雑誌で自分の携帯番号【090-6143-2407】を公開したら

ジョン・ヒロボルタ

泣く子も笑うサブカル雑誌『TVBros.』で連載中の超異色連載『090-6143-2407 ジョンと出会った読者たち』がついにcakes上陸。ごく普通の会社員であるジョン・ヒロボル タさんが血迷って携帯番号を誌面に載せたところから始ま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

johnhirovolta VIVA LA ROCK出展記念で今なら無料で読める!  4年弱前 replyretweetfavorite

tamachang0515 キネボルタ 暴走悲哀編! 4年弱前 replyretweetfavorite

nori885 おもしろかった⇒ 4年弱前 replyretweetfavorite