キスをする方法、されない方法

今回の「ワイングラスのむこう側」は「キス」のお話。以前、林伸次さんがこの連載で男性と女性ではキスに対するとらえ方が違うと書いたところ、キスについてのさまざまな意見が寄せられたそうです。そこでわかった「女性とキスをする方法」をご紹介。そして、そんな下心いっぱいの男に気軽にキスされたくない!という女性のために、キスをされない方法もご紹介します!

女性とキスをする方法

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、こちらでキスの話を書いたところ、たくさんの方から「キスの話」を教えてもらいました。

そしてやっぱりわかったのは「女性はとにかくキスが大好き」ということです。酔っぱらったら、相手が男女を問わずキスしてまわる、いわゆる「キス魔」っていますよね。そして「キス魔」ってほとんど女性です(というか男性だったら怖いですね)。女性はやっぱり誰かと唇と唇を重ねることに特別な感情があるのでしょう。

そしてこんな有益な情報も教えてもらいました。結構有名な話らしいのですが、毎日キスをすると寿命が5年伸びるんだそうです。逆にまったくキスをする機会のない人はキスを毎日している人と比べて寿命が8年短くて、かつ病気がちで孤独死の可能性も6割高いそうです。やっぱりキスはした方が良いんですね。

あるいは、悪い男性からこんなキスの話も耳にしました。「デート中に3回『キスしたい』って言えば、絶対に女性はキスをさせてくれる」というものです。

まず始めにどこかで食事をしています。お酒もそこそこ入ってきて、会話もすごく盛り上がって、ちょっと「良い雰囲気」になってきたとします。そしたらそこで、「ねえ。キスしたい」って女性に告げるのだそうです。するとまあ、人前だし普通は女性は「もう、何言ってんの」って感じでお断りします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toki_kanashii |ワイングラスのむこう側|林伸次 |cakes(ケイクス) 人生を知ってる風な態度で小手先な話をするのは小賢しい https://t.co/H5YS05lebf 4年以上前 replyretweetfavorite

yuta_tsukaoka キスをする機会のない人はキスを毎日している人と比べて寿命が8年短くて、かつ病気がちで孤独死の可能性も6割高い 4年以上前 replyretweetfavorite

Quishin 毎回林さんの原稿が楽しみすぎてヤヴァい。。 4年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki 「悪い男性」の 4年以上前 replyretweetfavorite