佐村河内守の「七三分け」が教えてくれたこと

初回から大きな話題を呼んだ、武田砂鉄さんの「ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜」。第2回は現代のベートーベンと評されながら、数々の嘘が明るみになった佐村河内守氏です。先日行われた謝罪会見で、髪を切り髭をそった佐村河内氏の姿に驚いた人も多いはず。日本中が注目したこのニュースをわれわれはどのように受け止めればいいのでしょうか?

「おすぎとピーコ」が「さむらとゴーチ」になったのかと思った

サングラスの人がサングラスを外す。長髪の人が短髪になる。匠も驚くビフォーアフターである。夜、風呂を出て眼鏡を外したままボヤけた視界でニュースに目をやったものだから、ボヤけた風貌に「おすぎとピーコ」が「さむらとゴーチ」になったのかと思ったが、眼鏡をかけて見直すと、このビフォーからアフターへの2大変化「サングラス有→無」「長髪→短髪」に驚かされるのは初めてではないことにふと気づいた。1997年にX JAPANが解散した後、ヴォーカルのToshiが自己啓発セミナーに心酔した頃、に似ている。Toshiがサングラスを外し、髪を短くしたとき、ちょうど今の佐村河内くらいの長さだった。自己啓発のトレーナーから「化け物あご男」と言われたToshiはその放言を受けながら優しげな笑みを浮かべていた。ご存知Toshiは、その後再びサングラスをかけてX JAPANに復活、ビフォーとアフターの間くらいの髪型でロックシンガーとして再評価を受けている。

長髪キープでも坊主でもない「七三分け」の意味

反省の証として「髪を切る」が強いられるのは、日本特有の伝統芸だ。AKB48・峯岸みなみは恋愛沙汰で坊主にさせられ、近々の例では、巨人軍の若手・坂口真規が主将の阿部慎之助に髪の長さを注意され、断髪を命じられた。翌日、村田修一に「まだ長い」と言われ、更に短くさせられたという。なんだか昔のヤンキーマンガで「おいコラ、ジャンプしてみろ」と脅し、小銭の音を確認して「まだあんじゃねーか」と小銭までカツアゲしていくような、お下品さが漂う。刈れば刈るほど、反省や忠誠心の度合いが高まるらしい。佐村河内は、坊主にはしなかった。髪は切ったが、中途半端な長さの七三分け。そこに意味を見出すことはできるのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hidedi_japan あー、ここのサイトは変な記事書いてんだね 4年以上前 replyretweetfavorite

saz_go "長髪キープでも坊主でもなく、ただ切っただけの七三にしてきたのを見て、あ、この人、もう諦めたな" 4年以上前 replyretweetfavorite

nyanmage_x 語り口が小田嶋っぽい。 4年以上前 replyretweetfavorite

JiaYue 「佐村河内はこの1ヵ月ほど、人々の会話を豊かにしてきた。笑顔にしてきた、と言ってもいい。」 4年以上前 replyretweetfavorite