ブッダだって自由じゃなかった

海猫沢めろんさんが、自分が「自由」になったと感じたのは、27歳でフリーランスになったとき。さまざまな職を経験してきためろんさんは、仕事の種類によって、ずいぶん「自由」を左右されたと言います。では、仕事をせず、いくらでもお金と余暇が手に入る立場なら、「自由」と言えるのでしょうか?



時間があるほど、迷ったり、悩んだりする

 僕が「自由になったかなぁ」と感じ始めたのは、 27歳でフリーのデザイナーになったときです。
 一見独立したように聞こえますが、ただ、会社がつぶれただけです。
 フリーランスになったあとは出版社などから仕事を回してもらったりして、なんとか食費やら家賃やらの経済面ではある程度安心できるレベルでした。
 フリーランスって、あくまで仕事を請け負う側ですから、「ああしろこうしろ」みたいな注文って、よく言われているイメージですよね。
 ただ、僕の仕事に限ってはそんなことはあまりありませんでした。
 そもそも、その受注の多くは「突貫工事」です。
 〆切が受注から3日とか1週間後とかはざらな世界。〆切が1ヶ月後という長期的なスケジューリングは圧倒的に少ない。
 考えている暇がないので、相手もある程度デザインは任せてくれていました。
 だから、小説を書いていて難しいと感じたのは、長期計画を立てなければいけない部分です。
 本1冊は1日では書き終わりません。ゼロから始めたら1冊に3ヶ月、半年、というのは普通です。そのあいだの生活のことや、スケジュールも考えなくてはいけません。
 僕は計画性がないので、書いているあいだに貯金が尽きて家を失い、ホームレス状態だった時期もありました(けっこう楽しかったですが)。

 この「長期」というのが、自由を考えるうえで厄介なものです。
 短期的な仕事とは異なり、長期的なものは、思考や感情が拘束される期間が長くなります。
 短期的なものだと、すぐに取り掛からなくてはいけない。
 自由かどうかを考えることもなく、です。
 もう、体を動かすしかない。
 だから、短期的な仕事だと、身体の自由が利かなくなるのは当然です。
 けれども、そうした忙しさでごちゃごちゃしているときほど、人は無心で動いているものなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
頑張って生きるのが嫌な人のための本

海猫沢めろん

年間3万人前後もの人が自ら死を選ぶ自殺大国・日本。ゆたかな国にも関わらず、根強くはびこっている閉塞感と生きにくさ。海猫沢めろんさんの友人・K君は、そんな閉塞感から自由になるために自殺を選択しました。めろんさんが、K君に、そして彼とおな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uminekozawa 自由になるのは大変? 死ななきゃラクになれない? 働かないとダメ? 誰もが抱える悩みにこたえます。 3年弱前 replyretweetfavorite

miyaan2010 |頑張って生きるのが嫌な人のための本|海猫沢めろん @uminekozawa |cakes(ケイクス) 自由とは生き方の幅である。響いた。 https://t.co/zHVlOV7Aoy 約3年前 replyretweetfavorite

tyoro4444kk2 自由になる覚悟のない奴が自由になろうとすると意外と痛い目見るお。 約3年前 replyretweetfavorite

hqba 【 一瞬出て来た肉体労働の件が面白かった。 約3年前 replyretweetfavorite