人が自由になりたい理由はたったひとつ

「不自由な世の中だよね」「なかなか自由がきかない仕事だから」……私たちが日常でなにげなく口にする「自由」という言葉。しかし、「自由」とはどんな状態なのか、それを手に入れて何をしたいのか、確信している人は少ないのではないでしょうか。自由になりたくて自殺したというK君のことをふりかえりながら、「自由」について考えていきます。

自由の答えを出すのはあなた自身

 まず聞いておきたいことがあります。
 あなたは自由を得てなにをしたいのでしょう。
 いくつでもいいから書いてみてください。考えるだけでなく、メモしてください。
 頭のなかで思ったことはすぐに変化し、忘れてしまいます。だから書き記すことが重要です。

 人が自由を求める理由は、つきつめるとひとつです。
「不自由だから」
 言葉にすればこんな簡単なことですが、そこに至るまでの経緯は人の数だけあります。
 最終的に答えを出すのはあなた自身です。この本は、いわばあなたが考える手助けをするための型やケーススタディ、凡例集のようなものです。
 ショウペンハウエルの『読書について』の有名な一節に、こうあります。

〝読書は、他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるにすぎない。(略)だから読書の際には、ものを考える苦労はほとんどない。自分で思索する仕事をやめて読書に移るとき、ほっとした気持になるのも、そのためである。だが読書にいそしむかぎり、実は我々の頭は他人の思想の運動場にすぎない。 ”

 あなたがもし本を読んで楽になるとしたら、それは問題が解決したからではなく、なにも考えていないからである可能性があります。
 思考の過程を書き込む意味でも、メモすることをおすすめします。

いろいろ働いてはみたけれど ……

 さて、人はなぜ自由を求めるのでしょうか。
 そこには様々な経緯があると書きました。
 最初に個人的な話をしておきましょう。

 今、僕は文章を書いて生活しています。
 けれども、それ以前には会社勤めをしていたし、フリーター的な働き方をしていたときもありました。
 土木作業員、ホスト、デザイナーまで、それこそ出来ることならなんでもやりました。
 そうしたことを経てきて、いまの文筆業というのが、一番自由だと思っています。
 29歳で本を出すまで、いろいろ働いてきましたが、いつも何かしらの不自由さを感じていました。
 決して大ベストセラーを出しているわけでもないですから、収入はそこそこです。
 けれども、僕の場合、時間的な拘束がどうしても我慢できない性質なのです。
 たとえ「朝9時に近所の電柱にタッチして帰ってくるだけのお仕事です」と言われても、つらくなってしまうでしょう。
 内容がどうとかではないんです。 
 毎日、誰かに決められたことを決められたようにこなすというのが、もう苦痛だということです。

監獄のような高校時代

 僕が自由になりたいと思うようになったのは、昔、不自由だったことへの反動です。
 一番不自由さを感じていたのが、高校時代です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
頑張って生きるのが嫌な人のための本

海猫沢めろん

年間3万人前後もの人が自ら死を選ぶ自殺大国・日本。ゆたかな国にも関わらず、根強くはびこっている閉塞感と生きにくさ。海猫沢めろんさんの友人・K君は、そんな閉塞感から自由になるために自殺を選択しました。めろんさんが、K君に、そして彼とおな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

uminekozawa 「不自由」でなければ「自由」についてなんて考えない 3年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa 「不自由」でなければ「自由」についてなんて考えない 3年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa 「不自由」でなければ「自由」についてなんて考えない 約3年前 replyretweetfavorite

uminekozawa 「不自由」でなければ「自由」についてなんて考えない 約3年前 replyretweetfavorite