僕の記憶が、ダウンロードできる日

記憶を保存したり移植したりできるようになったら、あなたは何をやりたいですか? そうした実験は、実はすでにネズミでは成功しています。人間も、Facebookに初恋の記憶を投稿して共有したり、存在しなかったガールフレンドとの思い出を楽しむようにできるようになる日も近いかもしれません。しかし、そこにはひとつ重大な問題があって……。

 数ヶ月前、かつてお世話になった方のお見舞いにいってきました。その方は5年ほど前にアルツハイマー病と診断され、2年前から施設に入院。

「去年の今頃まではね、30年前のつもりで話をすれば、また少しは会話が成立したのよ……」

 僕を案内してくれた彼の奥さまの寂しげな表情。

 僕のオヤジも、晩年にはすっかり記憶力を失ってしまっていました。聞いたばかりのことを何度も聞き返し、よく知っている近所の道で道に迷い、やがて転倒して大けがしました。加齢ととも記憶力の低下は避けられない……頭では判っていても、肉親のそんな姿を見るのは受け入れがたいものです。その人がその人でなくなってしまう。時折少しだけハッキリして、「その人」に一時的に覚醒する。しかし、徐々にその頻度が下がり、やがて「その人」は戻ってこなくなってくる。記憶の喪失がもたらす切なさ、哀しさ。

 認知症は当人も周囲も本当に大変です。記憶力の低下を遅延させる技術が開発されたら、救われる人は本当にたくさんいるでしょう。漠然とそんなことを思っていたところ、なんと記憶力の低下を解決するテクノロジーの研究が着々と進んでいるというニュースを耳にしました。

記憶を「記録する」機械
 南カリフォルニア大学のセオドア・バーガー(Theodore Berger)教授は、記憶を司る「海馬」をコンピュータチップで置き換えてしまう方法を編み出し、ネズミの実験でこれを成功させ一躍注目を集めました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kawazoezoe 元アップルJP松井さんの記事。とんでもなくエキサイティングで恐ろしい...。「 約4年前 replyretweetfavorite

UltramarineMoon 攻殻機動隊の世界だな、これは。作られた記憶に生きるキャラクターが居たよなぁ。 4年以上前 replyretweetfavorite

kunekune それが可能であれば実現せずにいられない。人間の本能みたいなものよ。って世界。 https://t.co/XrXD3lZmVV 4年以上前 replyretweetfavorite

oduniry_R 銃夢や攻殻機動隊のことやんけー > 4年以上前 replyretweetfavorite