これからのアナル*とやおい穴の話をしよう

すごいや!「やおい穴」は本当にあったんだ!

やおい穴。それは、ボーイズラブ(やおい)作品において、男性キャラ同士が性交する際に描かれる正体不明の“穴”の通称。存在はささやかれるものの、共通認識の確立していなかったその“穴”の真相にせまるため、AV監督の二村ヒトシさん、BL研究家の金田淳子さん、そして編集者・文筆家の岡田育さんの3人がタブーなき激論を交わします。*(アナル/やおい穴)の迷宮に迷い込んだ3人が、“穴”を掘り尽くした果てにたどりつく場所は? 前人未到(たぶん)の領域に到達する歴史的瞬間をお見逃しなく!(全8回)

【書籍化のお知らせ】

本連載は「20歳のときに知っておきたかった「雄っぱい」のこと」とあわせて大幅加筆・修正を加え、『オトコのカラダはキモチいい』として書籍化されています。新宿二丁目でナンパしたヤリチンのゲイ男性を交えて熱く語り下ろした新たな「第三章」を収録し、雲田はるこさんの美麗イラストで彩った完全版をどうぞご覧ください!

オトコのカラダはキモチいい (ダ・ヴィンチBOOKS)
オトコのカラダはキモチいい (ダ・ヴィンチBOOKS)


※本連載には、刺激的な内容・画像などがふくまれています。職場や公共の空間での閲覧にはご注意ください。


左から、岡田育さん、金田淳子さん、二村ヒトシさん。ゲンロンカフェにてなぜかジョジョ立ち。

穴だけに……ツッコミどころ満載

岡田 さて、このたび アナル の聖地と呼ばれる五反田(※1)で「やおい穴」について語るイベントを開催する運びとなりました。今まで腐女子の間で「お尻のあたりに、男同士がうまいこと結合できる穴があるらしい」という共通認識はあったものの、これまで深くは追究されてこなかった「やおい穴」について、女側と男側の双方からじっくりと掘り下げていきたいと思います。

※1:五反田はSM系風俗店のメッカ。男性が自身の肛門を責めてもらえる専門店が多数あるほか、マニアックなものだと、乳首責め限定の店などもある。「男性が受け身になれる」「男性が声を出してよがれる街」として(一部では)有名。

二村・金田 よろしくお願いします!

岡田 とはいえ「やおい穴」という言葉は、そもそもの定義があいまいなんですよね。素直に現実のアナル、肛門と捉えられればいいのですが、BL作品を見れば見るほど、ブツが肛門に挿入されているとは思えないセックス描写が多いんですよ。

二村 体位とか見ても、「そこに穴はねぇだろ!」とツッコミたくなる体位で挿れていますよね。あとは「その角度では入らないのではないか?」「ツルンと滑らかに入りすぎ」という疑問もある。

岡田 そうそう。あと、やおい穴って、だいたい“濡れる”ものなんですが、「潤滑油を使っているのか?」「肛門から液体を出しているのか?」「だとしても、そもそもこんなに濡れるのか?」と、ツッコミどころが満載なんです。

金田 それはやっぱり、穴だから。

岡田 ツッコミ待ちだと(笑)。だからこそ、実はそこに肛門ではない、何か別の穴があるんじゃないかと、思い描いてしまうんですよね。ここでお見せしたいのが、「やおい穴の派閥関係図」です。

やおい穴派閥図

 I.やおい穴あるよ派
  ①ちんことアナルの間にあるよ派
   A ピンク色の綺麗なま○こがあるよ派(危険思想)
    A’そこで妊娠するよ派 (過激派)
  ②セクースの時だけアナルがやおい穴に変化するよ派(急進的ご都合主義派)
  ③やおい穴とは呼びたくないよ派(新興勢力・実質ないよ派?)

Ⅱ.やおい穴ないよ派
 ①あるのはアナルだよ派
  A セクースするとうんこつくよ派(現実派)
   A’腸内洗浄必須だよ派 (洗浄推奨派)
   A’’うんこついたままで平気だよ派 (うんこ原理主義派)
  B うんこつかないよ派(ビューティー派・最大派閥
 ②穴なんかどこにもないよ派(中立派・少数)

Ⅲ.やおい穴は関係ないよ派
 ①やおいはファンタジーだよ派(穏健的ファンタジー派・第二勢力
 ②必ずしも挿入を必要としないよ派(プラトニック派)
 ③そういう考え方は否定しないけど、現実を見ようよ派(素人的傍観派)

Ⅳ.やおい穴の定義を決めてよ派(概念的慎重派)


岡田
 これは2ちゃんねるから拾ってきたのかな、腐女子たちのいろいろな「やおい穴」観を整理したものですね。まず、そもそもやおい穴派閥は、「やおい穴はあるよ派」(I)と「やおい穴はないよ派」(II)で分かれる。この「あるよ派」っていうのは、架空の穴として創作上に存在しているよって意味ですね。だから、「現実のアナルだよ派」「ないよ派」に分類されます(Ⅱ-①)。それと「やおい穴なんて関係ないよ派」(III)なんていうのも。

二村 ずいぶん、いろいろあるもんですねぇ。

金田 そうそう、いろいろあるんですよ。やっぱり一番大きい派閥は「現実のアナルだがうんこつかないよ派」(Ⅱ-①-B)。

岡田 この派閥がさもリアリストであるかのように扱われるのが、私は納得いかないですけどね(笑)! 私はこの表で言うと、「やおい穴あるよ派」で、やおい穴はアナルが一時的にメタモルフォーゼした、アナルとは別の、よりファンタジックな存在だと考えている「急進的ご都合主義派」(Ⅰ-②)です。金田さんは「やおい穴はないよ派」で、「現実のアナルだよ派」(Ⅱ-①)ってことですよね?

金田 まあ自分ではそう思っているけど、いろいろなBLに出てくる、あきらかにファンタジーなやおい穴もそれはそれとして楽しみたい派ですね。

二村 複雑だね(笑)。

「アナルセックス」=「万事休す」?

岡田 「やおい穴」についての状況を軽く整理したところで、お二人の自己紹介もお願いしていいでしょうか。では金田さんから。

金田 こんにちは、BL(ボーイズラブ)の研究をしている金田淳子と申します。そのころまだBLという言葉はなかったけど、BL的なものとの出会いは小学校3年生ぐらいのとき。私の地元である富山県の公民館に『風と木の詩』(※2)という漫画が置かれていたんです。

※2:1976年に連載開始された竹宮恵子(現在は竹宮惠子)の漫画。19世紀末のフランスを舞台に、ジルベールとセルジュという少年二人の愛を描いた。かの寺山修司は「これからのコミックは、『風と木の詩』以降という言い方で語られることとなるだろう」と語ったという。

二村 ああ! 僕も小学生のころ『風と木の詩』でオナニーしていました!

金田 しますよね! このあたりはcakesの海猫沢めろんさんとの対談でも話しましたが、じつは最初、ジルベールのことをずっと女だと思ってたんです。その後、小学校5年生のころに『パタリロ!』(魔夜峰央)を読みだして、これも最初はマライヒのことを女だと思ってたんです。でも美少年って言葉が何度も何度も出てくるので、その時にようやく「あ、これって男同士の話なんだ」ということに気づき始め、「だが、それがいい!」と、BLのとりこになったんです。
 でも、当時、どんな作品でも“穴”の存在についてはぼかして書いてあったから、男たちが折り重なって何をやっているかということについて、まったく気づいてなかったんですよ。

岡田 開眼したきっかけは何だったんですか?

金田 中学2年生のときに読んだ栗本薫先生(※3)の本ですね。そこに男同士でやっているナニの具体的な描写があって。これを読んだときに、「あ、穴があるんだ」って気付いたんです。そこからは、もう穴一辺倒ですよ。

※3:「グイン・サーガ」シリーズなどで知られる作家・評論家。現在のBLにも影響を与えている伝説の雑誌「JUNE」(マガジン・マガジン社)創刊の立役者である。「JUNE」誌上で小説講座「小説道場」を連載し、多数のBL作家を輩出したことでも有名。

岡田 穴一辺倒(笑)。それにしても、金田さんほど“穴”がお好きな方もいないですよね。金田さんのツイートを見ていると、どんな発言もすべて「アナル」に帰結しますから。

二村 金田さんのツイートって、よく知らない人が初めて見るとビックリしますよね。

岡田 「おはようございます」も「朝アナルセックス!」だし、反省の辞も、詠嘆とか感嘆詞も全て「アナルセックス」。

金田 そうそう、私は「やおい穴」って言い方よりは「アナル」派ですね。これは、私が、BLの男たちは、架空のやおい穴ではなく現実のアナルでセックスしている説を支持しているからでもありますが、それ以上に、「アナル」ってすごく便利な言葉なんです。みなさんも使ってみればわかると思うんですけど、「アナルセックス」って「万事休す」という言葉にすごく近いんですよ。

(会場爆笑)

金田 英語でいうと「God bless you」にも似てる。

岡田 「Oh my God」とかにも?

金田 そうそう。ぜひ、みんなも使っていきましょう!

岡田 まあ、これだけでは「金田淳子は、なぜここまで穴を愛しているのか?」まではよくわからないんですが(笑)、そこはおいおい、やおい穴発見の歴史とともに明らかにしていきましょう。

俺のエロさがマネタイズできないのはおかしい

岡田 フィクションに描かれる「やおい穴」に興奮する腐女子たちといえど、実際のアナルが快楽器官としてどう機能しているかについては、正直、知らないことがたくさんあるわけです。今回はそのギャップを埋めるべくAV監督の二村ヒトシさんにお越しいただきました。

二村 はい、ありがとうございます。AV監督の二村ヒトシです。肩書のとおりAVを撮っているんですが、なかでも、女性が男性を責める「痴女もの」のAVを中心に撮影しています。もう本当に女体が好きで、それが嵩じてAV監督になりました。

岡田 二村さんの連載では、子供のころは、『キューティーハニー』を読んで妄想していた、というお話がありましたね。

二村 はい、永井豪先生の漫画のような「女が強い世界」が好きなんです。自分がキューティーハニーを犯すのではなく、自分がキューティーハニーになったような気分で楽しんでいたんですよね。それで「男性を犯す、強い女の子になりたい」とも、同時に「強い女性に犯されている可愛い男の子になりたい」とも妄想していたら、いつの間にかAV監督になってしまったんだけど。

金田 いい話じゃないですか!

二村 俺のエロさがマネタイズできないのは、おかしいと思って。

(会場笑)

岡田 そうこうするうちに、なぜか「男性アナル開発AV」にたどりついてしまったと。

二村 はい(笑)。それで、「アナル」「アナル」と四六時中おっしゃっている金田淳子さんと、ぜひお会いしてみたいなぁと思っていたんです。

金田 ありがとうございます!

岡田 このイベントの事前打ち合わせのとき、二村さんに途中でお仕事の電話が入ったんです。そのお相手がアナル責めの達人である女王様でした。

二村 撮影の段取りを相談してたんですよね。男優さんの体格や経験を伝えつつ、当日のアナル開発をどういうふうに進行するかなど、話していました。

岡田 あの姿を見て実感がわいたんですが、二村さんは本当に本物の男性のアナルを扱っているんですよね。 腐女子の世界ではやおい穴とアナルとが混同されたりしている状態なんですが、実在のアナルは、我々の想像の斜め上を行くもので……。まあ、ここから先のお話は、のちほど二村さんからゆっくりと。

金田 本当にびっくりする話の連続で……、打ち合わせ中に「すごいや、やおい穴は本当にあったんだ!」と叫んじゃいましたよ。

二村 父さんは竜の巣……じゃなくて、やおい穴に飲み込まれちゃったんだよね、ガボって(笑)。

岡田 そんなわけで、BLから見たやおい穴の話を金田さんから、そしてリアルなアナル開発のお話を二村さんから。女と男、両サイドから掘り下げていくことで、「やおい穴/アナルとはなんぞや」を追求していきますよ!

(構成:藤村はるな 撮影:小松崎拓郎)

※本連載は1月16日にゲンロンカフェで開催されたイベント「これからのアナル*とやおい穴の話をしよう」の内容をまとめたものです。


次回は、3月15日(土)更新予定。二村ヒトシさんが「男性アナル開発AV」にたどりついた理由を掘り下げます! 全8回の“穴”トークのなかで、腐女子が抱く「やおい穴」のファンタジーと、アナルの現実が交錯する瞬間はあるのでしょうか? 第5回からは、二村さんによるアナル開発指南もあるので、男子もついてきてくださいね!

この連載について

これからのアナル*とやおい穴の話をしよう

金田淳子 /岡田育 /二村ヒトシ

やおい穴。そんな名前の穴をご存知でしょうか。これは、ボーイズラブ作品において、男性キャラ同士が性交する際に描かれる正体不明の“穴”の通称。その真相にせまるため、AV監督の二村ヒトシさん、ボーイズラブ研究家の金田淳子さん、そして司会に編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ngngngm @ukyo_0169 どうやらさまざまな派閥があるみたいですね。 https://t.co/rIH3aNoa5h 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

merotic_mero これだ!!!!!話題になったやつ!!!!!全腐女子に読んでほしい。 https://t.co/Dx2YkhIy0W 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

meltbrainwalker https://t.co/olTHvblk4B wwwwww 4ヶ月前 replyretweetfavorite

MadameKastan そんなわけで、この文章を読んでいるなう。どうしようもなくダメな人たちだ……。https://t.co/Js1qv31elc 6ヶ月前 replyretweetfavorite