アートフェア東京」—有楽町で浴びるアートのシャワー

東京国際フォーラムで開催中の「アートフェア東京」。古美術、洋画、日本画、工芸、現代美術と多岐にわたるジャンルと、訪れた人の想像を超える作品数。美術館とは一味違った異空間とも呼べるアートの祭典です。街角を歩く感覚で、自分だけのお気に入りの作品に出会えるはずです。

東京・有楽町にある東京国際フォーラムへ来ています。この週末限定で、日本最大規模を誇る美術の祭典、アートフェア東京2014が開かれているのです。

アートフェアとは、言ってみればアートの展示即売会。たくさんのギャラリーがブースを出し、そこに取扱い作家の作品を展示しています。来訪者はそれらを観ながら、気に入った作品があればその場で購入することもできるというしくみです。

会場に足を踏み入れれば、とにかくその広大さに驚かされますよ。大きなイベント会場に、見渡すかぎりブースが連なり、一つひとつに作品がぎっしりと詰まっているのです。大きいもの小さいもの、このうえなく派手な色合いがあるかと思えば、モノクロの端正なたたずまいを見せる作品も。つくられた時代は古代からつい最近までと幅広い。ジャンルも古美術、洋画、日本画、工芸、現代美術と多岐にわたります。

出展しているギャラリーは総勢約150軒といいますから、ひと通り見て回るだけでもたいへんなこと。くわえて、あらゆる種類の作品が集まっているわけですから、それらを次々と受け止めて咀嚼する眼と脳のはたらきが、だんだん追いつかなくなってきます。でも考えてみれば、目まいがするほど多様かつ大量の作品を一挙に浴びる機会なんて、なかなかないもの。ここは眼と脳と足をフル稼働させて、美術のシャワーに身を晒す覚悟をしてみてはいかがでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

puni_suk あああ。昨日これ行けばよかったーーー。 約3年前 replyretweetfavorite

ARTFAIRTOKYO_ “@ogichon: ” 約3年前 replyretweetfavorite

ARTFAIRTOKYO_ “@cakes_PR: 「アートフェア東京」。多岐にわたるジャンルと、訪れた人の想像を超える作品数。美術館とは一味違った異空間とも呼べるアートの祭典です。街角を歩く感覚で、自分だけのお気に入りの作品に出会えるはずです。 https://t.co/Sf6bNvzUua” 約3年前 replyretweetfavorite