フェル先生のさわやか人生相談

第70回】チョコは渡したけれど……

恋に仕事に人生にお悩みの子羊たちを、フェルディナント・ヤマグチ先生が導く人生相談連載。今回のトップバッターは、バレンタインに本命チョコレートを渡した女性から。本命だったのにそれをうまく伝えられなかったと後悔中の彼女、はたして挽回は可能なんでしょうか? 年上の男性ばかりを好きになってしまう女性の方のお悩みにも答えていますよ!

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。  お悩みのある方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

チョコは渡したけれど……

Q1. バレンタイン、ずっと憧れていた人にチョコを渡しました。しかし好きな人すぎたため緊張しすぎて、「今日はありがとうございました」みたいに口のなかで早口で言って押し付ける感じになってしまいました。それから2週間たちますが、いまだ何のレスポンスもありません。やっぱり渡し方がまずかったでしょうか。いまさらですがちゃんと告白したほうがいいんでしょうか。でも告白は相手にしてほしいんですよね……(21歳・女性・販売員)

A1. おー! 憧れの人にバレンタインのチョコを渡すことが出来ましたか。「今日はありがとうございました」と言うくらいですから、2月14日当日は、キチンとデートの形態を取り、そのシメとしてチョコを渡すことができたわけですね。まずはおめでとうございます。

職場ですれ違いざまに渡すとか、デスクの引き出しに入れておくとかではなく、バレンタイン当日デートの後に直接手渡しができているのですから、現状あなたは「ライバル不在」の状態と見ていいでしょう。その彼氏に対して、電車の中とか職場の廊下とかでイキナリ渡す、“通り魔的”な女性はいたかも知れませんが、なに、そんな連中は物の数には入りません。その点は安心していいでしょう。考えてみてください。彼氏は1年のうち、たった1日しかないめでたいバレンタイン当日に、あなたのために時間をとっているのですよ。これは大変なアドバンテージです。複数の女性と同時並行で付き合っていると、バレンタインやクリスマスのタイムマネジメントは本当に苦労するんです。今年も大変でした。某社の編集者に協力を要請して、8時半位にケータイに電話を入れてもらい、「フェルさん! 原稿は進んでいるんでしょうね。締め切りは今朝ですよ。まさか外で食事なんかしていないでしょうね!」と一発怒鳴ってもらうのです。で、それを受けた私は、「ヤバい。マジで怒ってる。帰って書かないと……」と顔面蒼白で言うわけです。こうして次の……や、私の話はどうでもいいですね。あなたの事案に戻りましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gogoferdinand 今回はバレンインの手の内を晒しちゃいました。 4年以上前 replyretweetfavorite