谷根千で少々スノッブな下町探訪

今回舞台になるのは、東京の下町、谷中と根津。千駄木とあわせて「谷根千」と呼ばれるこの地域は、戦災や開発の影響をあまり受けず、現在でも昔ながらの街並みが残っています。そんな下町情緒溢れる場所で山本憲資さんがチョイスしたのが、一品ごとに丁寧な工夫がこらされた寿司屋。そして街並みがフランス・モンマルトルに見えてくる洋菓子店と古い町家を改装した喫茶店。街の雰囲気にもフィットした3つの名店、ぜひ参考にしてみてください。

路地裏のモダンな寿司屋で優雅な昼食

「SCAI THE BATHHOUSE」という銭湯を改装した現代美術のギャラリーが、根津駅から少し歩いたところにある。僕の好きなアーティストが数多く所属しているギャラリーで、最近では昨年末にMITの助教になったスプツニ子もここ。この十年ほど、数ヶ月に一度くらいか、定期的に展示を観に訪れている。先日このギャラリーが25周年を迎えた。ちょうど記念のエキシビションが開催されていて(3月8日まで)先週末に現代美術好きのお姉さまと行ってきたばかり。

どうにも寿司好きなもので、この日のチョイスも寿司。下町の路地裏にとてもモダンな寿司屋があるのです。その名は「鮨かじわら」。初めて来たのはもう7〜8年前、弟がこの辺りに住んでいて家族で食べたようなおぼろげな記憶。この日はランチでしたが、ビーツで赤紫に色付けされた岩塩がかけられたスミイカ、うずらの黄身が和えられた白魚、柚子こしょうが乗っかったゲソなど、奇をてらうことはないまでも、ネタごとに独自の工夫が凝らされたにぎりが次々と。日本酒をくーっと合わせて、優雅な下町土曜日のはじまりです。雲丹、マグロ、コハダ、穴子も入った10カン、お椀も付いてのおまかせで2500円は下町ならではなのか、これはおトクと言わざるを得ない。最近行ってないけど、夜もリーズナブルに食べられるはず。

桜並木の洋菓子屋の軒先でシュークリームをぱくり

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konpyu 下町シリーズ期待! 4年以上前 replyretweetfavorite