第2回】ヤンキーとおたくの似ている部分

精神科医・評論家の斎藤環さんの新刊『ヤンキー化する日本』が3月6日より発売開始! 気合いとノリ、母性に絆、バッドセンスなど、日本中にはびこるヤンキー性に迫り、大きな反響を呼んだ論考『世界が土曜の夜の夢なら』(通称:セカド)の著者が、各界の著名人との徹底対論し、日本を急激に覆うヤンキー性を分析します! 本連載では書籍に収録した小説家・海猫沢めろんさんとの対談を全文公開! 第2回では、ヤンキー的な実利主義とヤンキーとおたくの共通項を探ります。

「実話好き」と「実利主義」

斎藤環(以下、斎藤) カルチャー的な部分のほかでも、ヤンキーの考察をしていると、家族を大切にしていて歴史が好きだというような特徴も見出せて、それはそれで興味深いんですけどね。

海猫沢めろん(以下、海猫沢) ヤンキーが歴史好きだというのは実際そうだと思いますよ。僕の住んでいた町にヤクザの事務所ばかりがある飲み屋街があるんです。廃品回収の日にそこを歩くと、実話系雑誌がいっぱい捨てられているなかに、歴史モノの本もけっこう混じっていました。漫画のですけど。

斎藤 漫画の歴史モノですか(笑)。

海猫沢 漫画ですね。字は、やっぱり面倒なのかな。

斎藤 ヤンキーって、歴史に限らず、伝統っぽいものが好きなんですよね。でも、読み捨てをしているというのが素晴らしい。それはつまり、見栄ではなく、純粋な興味から読んでいるということですから。ヤンキーカルチャーと暴力団カルチャーというのは直結していると考えていいんですか?

海猫沢 違う部分も大きいと思いますが、メンタリティは似ていると思います。上位互換ですね。不良がヤクザにあこがれて構成員になるってパターンは今も昔もあります。ただ、どっちも忙しいから本はあんまり読まない。だから、斎藤さんの本(世界が土曜の夜の夢なら)などはなかなか読まれない気がします。

斎藤 当事者にも読んでもらいたいんですけど、どうすればいいんですかね?

海猫沢 うーん……文章をポエムにするのはどうですか? ヤンキーにはポエジーが刺さるんですよ。相田みつをっぽいのとか。あとは……官本として刑務所とかに差し入れるのはどうだろう。瓜田くんの本をつくったときに彼が五万部くらい刷りましょうと言うから、その根拠はどこにあるのかと訊いてみたら、刑務所の人が全員、読むからって答えるんです。その発想はなかった……と。実際はさすがに難しいわけですが。ともかく、ヤンキーとアカデミックな本は相性が悪い。

斎藤 いや、でもヤンキーあがりの弁護士とか会計士とかはいますよ。

海猫沢 そういう人は実利主義ですから、実利に結びついている本しか読まない。ヤンキーに本を買わせるためには、帯に「これを読めば、年収一億!」とか書かないと。あるいは「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」というようなコピーをつけるとか。
*1 「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」  高橋歩の著書(二〇一〇年、サンクチュアリ出版)。高橋歩は「自由人」を自称する実業家。不登校や引きこもりの青少年のためのフリースクール建設計画を進めたこともある。「Believe your 鳥肌」などの〝名言〟が多い。

斎藤 それは、まんまパクリですから(笑)。でも、ヤンキーの実利主義はガチですよね。

海猫沢 ヤンキーとネットワークビジネスはめちゃくちゃ相性がいいですからね。関西にいたときの僕の友達はみんな、ネットワークビジネスをやっていました。すごく嫌だったんだけど、勧誘の練習をさせてくれ、とかっていうんですよ(笑)。それで、タメ口で勧誘しようとするから「それでは話にならない」ってダメ出しをしたりして。

斎藤 ヤンキーもそうやって練習するんですね。不断の努力があるわけか。

海猫沢 練習はしてましたね。仲間割れも激しかったですけど。先に親会員になっていた奴が友達を失うようなことが多かった。

おたくとヤンキーの類似性

海猫沢 おたくとヤンキーって表面的には水と油なんですが、要素を比較すると、似ている部分も結構あって。
 たとえば、よさこいソーラン節って、ありますよね。僕の時代の学校教育にソーランはなかったんですが、このあいだ、小説を書くための取材で中学校に行ったら、やってたんです。それで、どうしてなのかと訊いてみたら、「北海道のすごく荒れていた学校でこれをやったら規律が正されて非行率が減った」と、やっぱり南中ソーラン*2の話になって。それが『金八先生』にも取り入れられて全国に広まっていったということなんですね。
*2 南中ソーラン 稚内市立稚内南中学校が再生していく中で誕生したオリジナルアレンジのソーラン節。伊藤多喜雄の「TAKiOのソーラン節」を用いている。『3年B組金八先生』では一九九九年放送の第五シリーズから文化祭でこれを発表するストーリーが組み込まれた。

海猫沢 このソーランって昔の一世風靡セピアみたいで、非常にヤンキーっぽい。実際に不良っぽい生徒が「かっこいい」っていう理由でソーランやってるんです。そういう現象からもわかるようにヤンキーとソーランの相性はすごくいいわけですが、ソーランのおたく版といえるのがオタ芸なんだと僕は思うんです。上半身の動きなんかはかなり似ている。そういう類似性がいろいろあるわけですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ヤンキー化する日本 斎藤環×海猫沢めろん

斎藤環 /海猫沢めろん

合いとノリ、母性に絆、バッドセンス。日本人は急激にヤンキー化している! 現代日本に巣くうヤンキー性を村上隆、溝口敦、與那覇潤、デーブ・スペクター、海猫沢めろん、隈研吾と徹底対論!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ni_ka 斎藤さんの 「でも、ヤンキーの実利主義はガチですよね。」で噴いたん。にかはその定義だとヤンキーじゃないな……マイルドヤンキーでもない…… 2年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa いつから日本はヤンキー大国になったのか? 2年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa いつから日本はヤンキー大国になったのか? 2年弱前 replyretweetfavorite

uminekozawa いつから日本はヤンキー大国になったのか? 約2年前 replyretweetfavorite