天才のつくり方

第8回】WikipediaからTEDへ、情報のかたちが変化していく。

「みんな同じ」であることによって「伝わる喜び」を実感しづらい日本人。それでも北川は、新しい「伝え方」を発明していけば、日本人でも伝える喜びが実感でき、ひいてはコンテクストデザインの力もつくはずだと語る。その思想の根底には、彼が感じる「情報のあり方」の変化があった。科学者である2人は、その変化を、研究論文の評価に応用させて話し合う。

TEDは、伝え方そのものがイノベーションだった

茂木 東大生は、東大生である時期が人生の一番のピークで、そのあとは官庁にいくにしても、企業に就職するにしても、グライダーの滑空飛行みたいな感じで、少しずつ高度が下がっていくことがほとんどなんだよ。

北川 そうなんですか! ただ、東大生ってほとんどみんな、卒業後はどこかに就職しますよね。彼らの能力からすると、その環境がもったいないと思うことはあります。ハーバードの学生は、自分のやりたいことを実現するために、優秀な人であればあるほど起業する傾向がありますから。

茂木 最近は、「これではいけない」と、日本の大学生がざわざわし始めているのも感じるよ。
 でも、基本的に日本人の人生のストーリーというのは、「どこに所属するか」を決めているだけでさ、けっこう単純なんだよね。小さい頃から安定した人生を志向するように育てられているから、人生のコンテクストをいちからデザインする力はなかなか身につきにくくなるよね。
 そもそも情熱とか、もっというと野望みたいなものは、人に教えるのがひどく難しいものだから。

北川 でも、情熱や野望を何に向けるかという「動機づけ」を教えるのは、不可能ではないと思っています。「伝え方」が、うまく理解されてこなかっただけなんじゃないでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード