第18回 国家破産と資産運用

ギリシャに続いてキプロスと、ヨーロッパ経済の大混乱をみていると、日本は本当に大丈夫なの?と、ますます不安になってくる人も少なくないでしょう。 ただ、「国家破産」が起こるか起こらないかに頭を痛めるよりも、 起きたときのことを考えて、今から準備をしておくほうがずっと効果的。 しかも、たった3つの金融商品をチェックすれば大丈夫。これで気分が楽になりませんか。(『いきいき』2013年6月号より転載)

ヨーロッパの小国キプロスが預金封鎖で大混乱したかと思えば、アベノミクスによる「異次元の金融緩和」で株価が大きく上昇しています。

経済学者のなかにも、「これで日本経済は復活する」というひともいれば、「財政赤字が制御不能になってたいへんな混乱が起きる」と警告するひともいます。「国家破産」は本当に起きるのでしょうか? そのとき私たちは、どうすればいいのでしょうか?

経済問題を考えるときのいちばんのポイントは、「誰も未来を知ることはできない」ということです。



経済の専門家はいろいろな予想を述べますが、その結果を検証してみると、当たっているものと外れたものが半々で、コイン投げやサイコロ占いと変わらないことがわかっています。さらには、専門家よりも“チッピー”の予想のほうがずっと正しい、という報告もあります。チッピーというのは4歳のチンパンジーで、テーブルに置かれたカードを選んで58パーセントの正確さで未来を“予想”しました。

ふたつめのポイントは、戦争や内乱、地震や原発事故などと違って、経済的な混乱は、それがいつ起きるのかはわからないとしても、「どのようなことが起きるのかは事前にかなり正確に予測できる」ということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
カモにならずに自分のお金を増やす方法

橘玲

人気作家・橘玲さんが、独自の視点で金融市場、マネーのカラクリを解き明かす連載です。クールにお金について考えるための最適なレッスンとなるでしょう。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ak_tch Cakes「カモにならずに自分のお金を増やす方法 4年以上前 replyretweetfavorite