同性愛は治るものでしょ?

フランス人女性と同性結婚をした牧村朝子さん。彼女がレズビアンとしての実経験を生かしてつづった新書『百合のリアル』(星海社新書)は、人間の性についてのあり方に悩んでいる人にエールを送る内容で、好評を博しています。本連載では、そんな牧村さんに寄せられた素朴な疑問に、実体験や奥様とののろけ話をまじえながら、丁寧に答えていきます!

牧村朝子といいます。はじめまして。

まずはこの記事を開いてくださったあなたに、感謝を申し上げます。どうもありがとうございます。

この連載は、個々の人間の生き方を言葉で分類することについて、『レズビアン』の例を中心に考える新書『百合のリアル(星海社新書)の内容の一部を、cakes向けにアレンジしてお届けするものです。

『レズビアン』『男』『日本人』『ゆとり』『オタク』『アラサー』『ニート』『サラリーマン』『草食系』『エリート』『高卒』『DQN』『大人』『バツイチ』『リア充』……

人は人を言葉でザクザク切り分けたり切り分けられたりしながら生きていて、それは時にバッサリと心を痛めつけます。

そういうリアルとの向き合い方を、あくまで『例:レズビアン』として探してみたいのです。ですからこの文章は、レズビアンのためだけに書いているのではありません。縁あって記事を開いてくださったあなたのために書いています。

内容は新書版『百合のリアル』をもとにしていますが、cakes向けにだいぶ書き直しています。だって、そのまま転載じゃ、わたしの本が売れなくなっちゃうものね(笑)。そうそう、それから、新書版にはない要素として、わたしの妻に撮ってもらった写真も一緒に載せています。

自己紹介が遅くなりました。

わたしは、フランス人女性と結婚し、パリで暮らす日本人女性です。

仕事は、人間の性についてのあり方(セクシュアリティ)について、話したり、書いたりすること。肩書で言えばタレントでありライターです。出演・執筆の他にも、イベント企画や悩み相談などを総合的にやっているので、レズビアンライフサポーターと名乗ることもあります。

はてさて、今回の記事の本題は……

「同性愛に治し方ってあるの?」

ということです。連載の最初の記事ですから、ていねいな自己紹介も兼ねて、わたしが同性愛を“治す”ためにしてきたことをお話していきますね。

世間には、

「同性愛は治るものでしょ?」

とか、

「いろんな性のあり方を認めるんじゃなくって治していくべきだ。そうじゃないと社会がめちゃくちゃになる」

とか、

「どうして性同一性障害の人の体を手術することばかりして、心を治すことを考えないんだ」

とか言う方々がいらっしゃいます。性のあり方には正常/異常があって、異常なものは治すべきだ、と考えている方々ですね。

わたしもその一人でした。自分の同性愛は異常な性癖であり、自分にはそれを治す責任がある、そして「普通の正常な男と女」という関係を築かなければならない、と考えていたのです。

なので、10歳で女の子に初恋して以降、わたしは以下のような“同性愛を治すための努力”を重ねてきました。ちょっととても言えないこともあるので、言える範囲で並べていきますね。

(1)相性の問題かもしれないと、色んなタイプの男性とお付き合いしてみる。結果、自分がひどいビッチに思えて気持ち悪くなる。

(2)レズビアンになりたいだなんて人と違う自分でいたいだけだ、自分は格好つけで女の子を好きになったいわゆるファッションレズだ! と思い込もうとする。結果、「えっ? でもそれって女の子に興味あるって認めてんじゃん自分……」となぜか落ち込む。

(3)オトナのオモチャ好きな彼氏がくれたシリコン製のおちんちん(なんか「ブラック・アラブ・デラックス」とかそういう名前だった)を前に、一人で「やだ……素敵……興奮するわぁ……」と男性器に興奮する訓練※をしてみる。
※素の自分では無理だったので、自分にとってのイイ女の象徴である杉本彩になりきりながらやる。結果いつの間にかブラック・アラブ・デラックスから興味を失い、「いかに杉本彩になりきるか」の訓練と化す。

(4)高校の先輩が家庭裁判所に改名申請をして女性名から男性名に変え、男性ホルモン注射を打つためにバイトでお金を貯め、男性らしい身なりで堂々と彼女を連れている姿を見て「わたしも性同一性障害かも! わたしも男になれば女にモテるかも!」と思う。超わくわくしながら男装して男言葉を使い始めたけど、全くモテない。あと、可愛いスカート履きたい。

(5)親に隠してカウンセリングに通う。けれど、自分を同性愛者だと認めていなかったため、自分がなぜ苦しいのかわからずにいちいち架空の悩み事を相談してしまう。具体的に考えていたこととしては以下のような感じ。

(なんか苦しいんだけど、性同一性障害? とも違うっぽいし? でも『彼氏に女装させたくなっちゃうんですぅ~』とか言えないし? えっでもカウンセラーさん超優しいし? っていうかカウンセラーさん可愛くね? えっじゃあ適当に悩み事っぽいこと話して『解決しましたぁ!』って言ったら彼女の笑顔が見れるかも! よーしやってみよう!)
全てはカウンセラーさんが可愛かったせい。

こういう日々を重ねて、やっと気が付きました。

自分を『普通で正常な女』なる型に押し込もうとするのは、努力なんかじゃない、ただの自己否定だったのだと。

古今東西、サイクリングから電気ショックまで、同性愛にはあらゆる“治療”が試みられてきました。具体的にどんな治療法があったのかということについては、『百合のリアル』第3章でご紹介しています。わかりますよね。わたしの表紙が目印です。税込み886円です。

宣伝はともあれここで申し上げたいのは、同性愛に対する“治療”が効果をなさなかったということ。さらに言えば、そもそも同性愛は、日本の厚生省(当時)や日本精神神経学会の声明において90年代に「いかなる意味でも治療の対象とはならない」と宣言されているものである、ということです。つまり現代日本において、同性愛は病気じゃないってことね。

とはいっても、こんなふうにお悩みの方はいらっしゃることでしょう。

「自分が同性愛者であることに耐えられない、治したい」

そんなあなたに、わたしからはこういう考え方をご提案したいと思います。

人間は、同性愛者・異性愛者・両性愛者・汎性愛者・無性愛者・非性愛者・半性愛者・複性愛者・問性愛者・対物性愛者などなどなどなどに分かれているのではない。ただそれぞれに生きて変わりゆく「人間」がたくさんいて、その間の関係性に人がいろいろと—同性愛とか異性愛とか、恋愛とか友情とか—名前をつけているだけなのだ、と。ただ言葉の上であなたが何に分類されるかということより、あなたが人に対して抱く、言葉になる前のその感覚こそを大事にしてほしいとわたしは思うのです。

ということで、「同性愛を治療しようとすることは努力じゃなく、ただの自己否定だった。自分の経験からも、医学の歴史から見ても。そうやって人間を今ある言葉で切り分けず、言葉をとらえ直すことで見えてくる地平があるんじゃない?」というお話でした。

とはいってもね、いかに自分で自分をレズビアンだと呼ばなかったとしても、他人には「レズビアンの牧村さん」という分類をされるわけで。そうした中で、実にいろいろなことを質問されます。「家族の反応はどうだったの?」とか「自分が同性愛者かどうか診断する方法はあるの?」とか。この連載では、そうした疑問にお答えしていきます。

中でもすごくよく聞かれるご質問が、「レズビアンってどうやってセックスするの?」ということです。

性のことはわいせつじゃなくて、たいせつ(杉本彩・談)。飲みの場やなんやでレズビアンにいきなりそんなことを聞いては失礼ですが(だって『どんなセックスするの』なんて質問、誰に対しても野暮でしょ?)、わたしは例外的に、お仕事でそういうことを書いたり話したりしています。ですから次回の記事で、しっかりお答えしたいと思います。真面目にね。

ということで、読んでくださってありがとうございました。あなたもぜひ、他者がご自分を分類する言葉について、ほわっと思いをめぐらせてみてくださいね。 また次週も、よろしくお願いします!


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。
※本文中の写真はすべて、著者の妻による撮影です。


女同士のリアルを知るうちにあなたの生きづらさもなくなっていく?!
人生を楽しく過ごすための「性」と「知」の冒険ガイド、好評発売中です。

百合のリアル (星海社新書)
百合のリアル (星海社新書)

この連載について

女と結婚した女だけど質問ある?

牧村朝子

フランス人女性と同性結婚をした牧村朝子さん。彼女が自らのレズビアンとしての経験を生かしてつづった新書『百合のリアル』(星海社新書)は、人間の性についてのあり方に悩んでいる人にエールを送る内容で、好評を博しています。そんな牧村さんが『百...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makimuuuuuu cakesでの連載エッセイ、もう3周年だ♡ありがとうございます~!記念すべき第一回の記事はこちら!https://t.co/jT75M3VCkH https://t.co/MRWWKwpwSb 4ヶ月前 replyretweetfavorite

tkswest “…こういう日々を重ねて、やっと気が付きました。 自分を『普通で正常な女』なる型に押し込もうとするのは、努力なんかじゃない、ただの自己否定だったのだと。” 【 2年弱前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 同性愛は“治せる”ものだ、と信じていた頃の私がやっていた5つのことをエッセイにまとめてます ▼ https://t.co/XqeH0zV3Xm 2年弱前 replyretweetfavorite

blackswan_2nd 同性結婚を許すと子孫が滅びるとか真顔でいう御仁が減らない(゜ロ゜) 2年以上前 replyretweetfavorite