同棲をしてはいけない

bar bossa店主・林伸次さんの人気コラム、今回は林さんが自身の娘さんには絶対させたくないとまでいう「同棲」についてのお話です。林さんはなぜそんなに同棲に反対なのか。キーポイントは、以前この連載でも紹介された「男女の恋愛感情は3年間説」というのが大きく関係しているのだとか。同棲を考えていたり同棲に憧れているみなさん、必見ですよ。

僕が同棲を反対する理由

いらっしゃいませ。 bar bossaへようこそ。

僕には24歳になる娘がいまして、彼女に対して「○○をしてはいけない」って今まで一回も言ったことはないのですが、ひとつだけ、これだけは反対しようと思っていることがあります。それは「同棲」です。

例えば20代前半の時に「もうとにかく一緒にいたいから」っていう理由で彼の部屋に半同棲みたいな形で1ヶ月くらい居着いちゃうなんていうのはアリです。そういう情熱的な恋愛って、20代前半までの若いうちしかできません。生まれて初めて他人とずっとくっついてすごす休日とか、誰かを全身で受け止める気持ちとかは経験した方が良いように思います。

あるいはお互いの親にも会って、ちゃんと婚約もして、半年後には結婚をする予定という状態で、実験的に一緒に住む、という同棲もアリだと思います。やっぱり他人同士がひとつの屋根の下で生活をするということは様々な問題が生じます。とにかくこの人のご飯の食べ方がイヤだとか、金銭感覚がどうしても違うとか、すごくマザコンだったんだとか、結婚前に知っておくべきことを発見できるチャンスでもあります。それで「やっぱりこの人は違うかも」と感じたら婚約を解消して、別れてしまえば良いわけです。

しかし僕が絶対にやめた方が良いと感じるのはこんな同棲です。お互いが30歳前後で、仕事もバリバリやっていて充実しています。そしてふたりは何らかの出会いがあって、交際が始まるのですが、どちらかの部屋に泊まることが多くなってしまって、「だったらふたりで部屋を借りた方が安いんじゃない?」という安易な同棲のパターンです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

2moon_o すごい説得力… 約1年前 replyretweetfavorite

hid9hiro @hgl_18 この記事オススメですよ https://t.co/UXKc246BnP 3年弱前 replyretweetfavorite

hid9hiro @sakurararara14 確かに。これを思い出しました。さくらさん年齢的にはまだまだ先の話ですが、原理は同じかなと。 https://t.co/UXKc246BnP 3年弱前 replyretweetfavorite

hid9hiro @phantomandopera これですね https://t.co/2VacOMWSSm 約3年前 replyretweetfavorite