牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」第二十九話

四十~五十代と思われる中年男、背中から腰まである長髪、内田裕也を思わせる顔つきと皮膚の質感……。「二階左」の部屋に住む謎の住人・サトルについて。 築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

サトルについて。

サトルは、私よりも前から住んでいる加寿子荘の住人です。
細かく言うと、私が最初に二階手前に住みはじめたときにはいなかったのだが、私が一度出て、戻ってきた時には既に風呂なしの「二階左」の部屋にいた。
これまであまりエピソードがなかったのは、サトルの生態がまったくもって謎に包まれていたからである。

実は彼は加寿子荘でもっとも得体のしれない人物であります。 四十~五十代と思われる中年男、背中から腰まである長髪、内田裕也を思わせる顔つきと皮膚の質感、そして風呂ナシの部屋に住んでいる。この要素の時点で、ちょっと不安が押し寄せます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード