第10回 キョウセイ・ホームステイ【サイレン<No.1>】中央電波塔・最上階

絶対女王サイレンは、今日も初音と同調して“遊んで”いる。胸の鼓動、息が詰まる感覚、これはいったい何? 未知の概念を学習中のサイレンに変化は生まれるのだろうか――。

★『こちら、幸福安心委員会です。女王様とハピネス・サマー・ゲーム』発売を記念して、前作にあたる『こちら幸福安心委員会です。女王様と永遠に幸せな死刑囚』の一部を公開します。

♪こちら、幸福安心委員会です。♪


【サイレン〈No.01〉】中央電波塔・最上階

 ドキドキしていた。思わず、寝そべっていた架空長椅子から、体を跳ね起こしてしまったほど。息が詰まっている、かも。息がうまくつけない。
〈呼吸を忘れています。停止中。停止中。再起動してください〉
 サポート・システムが警告メッセージ、でもそんなのわかっている。私は、この感覚がそれほど嫌いじゃない気がするし、むしろドキドキで楽しい。危険も、たいしたことない。  
 私は、翠川初音がそうしているように、両手を胸の前に縮こまらせていた。感情勾配の異常な歪曲に、戸惑っている。とまどう? そういうことが、サイレン=オンディーヌ・システムに発生するなんて、誰も教えてくれなかった。  
 ということはつまり、私はなにか未知の概念を学習中、ということなのだろう。学習/高度化/複雑化は、サイレン女王である私にとって、好ましい要素なんです。そのことに一切の疑問はないはず。  
 だから、ある程度の危険が伴っているとしても、継続したほうがいいのでは? と思う。  
 なにより、アバター=翠川初音であることの愉しみは、今では、他のなににも替え難い気がしていた。この不思議でステキな感情勾配!  
 非線形で、格子振動にも似ていて、胸の奥がどきどき、熱を感じる、と言ってもいいのかも。危険・危険・危険と警告が連続して来るのに、同時に心地良くて、とても楽しい。不思議すぎるんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こちら、幸福安心委員会です。女王様と永遠に幸せな死刑囚

wogura /うたたP /鳥居羊

ニコニコ動画で200万再生突破の大人気ボーカロイド楽曲『こちら、幸福安心幸福委員会です。』ノベライズ第2弾! 幸福だけが満ちている完全で完璧な理想郷、みずべの公園市国――。「バロック」で「歪んだ」新しい世界線に辿りついた漣、初音、凛た...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tory_hitsuji 2巻の第10回です。 約4年前 replyretweetfavorite