イギリス貴族がゴム長靴を履く理由

歴史的な大雪に見舞われた日本列島。豪雪の影響で、今もなお苦境に立たされている人たちが多数いますが、政府の救助対応は遅く、批判の声も出ています。一方、実は同じころ、歴史的な大洪水に襲われていたのが、May_Romaさんの暮らすイギリス。なんとあちらの国では、驚くべき身分の人たちが、自らゴム長靴を履いて救助活動に精を出していました。

イギリス王族がゴム長靴?!

先週は関東甲信越が大雪になり、大混乱いたしました。電車や車の中で車中泊された方、亡くなった方、怪我をされた方も多数出るなどの大惨事になったわけですが、平和な我が母国日本では、延々と冬季五輪が放送されていたそうでございます。

さて、イギリスでは同じころ、歴史的な大洪水で南部の村は水没し、テムズ川は氾濫してロンドンの高級住宅地も水浸しでありました。そんななか、皇太子様も王子様も英国伝統のゴム長をお履きになり、汚物が漂う泥水に浸かってせっせと土嚢を運んでいたのでありました。

こちらには、貴族とか王族とか金持ちは積極的に奉仕活動をする伝統がございます。「ノブリス・オブリージュ(高貴さは強制する)」というヤツですが、そのノブリス・オブリージュというヤツは、泥水に浸かって、糞と尿にまみれて奮闘し、時には銃を担いで前線で特攻することをいうのでございます。まさにスカトロ貴族、スカトロ王子様にございます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

neright46 ここで言う"スカトロ"ってどういう意味だろう……と、ちょっと調べてたら、モーツァルトがスカトロジストであることを思い出した。 https://t.co/zuRZuBjpyi 5年弱前 replyretweetfavorite

orif1ame ククク。便器あらったり、アルゼンチンで撃沈されたり。いい国だ。『 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi 為政者胸熱国家ってことで(-_-;)….> "我が国日本ではノブリス・オブリージュな活動をしなくても下々は従順というか単純バカですので蜂起がおきません。為政者にとってなんと都合の良い国民でありましょうか" |May_Roma http://t.co/dO1Tex7bKN 5年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi 酷いタイトルだwww パンク杉る。アナーキー in the UK www >> 5年弱前 replyretweetfavorite