第19回】進化する電動歯ブラシ 市場倍増を支える新機能 ~後編

「歯ブラシや歯磨き粉なんて、どれを使っても一緒」。そう高をくくっている人も少なくないだろう。しかし、メーカー間の切磋琢磨で新技術が続々登場。侮れない機能も生まれている。(後編)

前回の記事において、3000円~4000円台の携帯式電動歯ブラシをはじめ、女性に支持されている小型ドルツなど話題の商品を紹介した。
 一方、高価格帯の商品で今後、伸びが期待されているのは、歯ブラシよりも歯茎や歯間の洗浄機だろう。

 例えば、パナソニックの「ドルツ・ジェットウォッシャー」や、フィリップスの「ソニッケアー エアーフロス」がそれだ。

空気と水で歯間を洗浄するフィリップスの「エアーフロス」(右)。パナソニ ックの「ジェットウォッシャー」は歯周ポケットをきれいにする(左)

 ジェットウォッシャーは、歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯茎の境目の溝のようなところを、ジェット水流できれいに洗浄する機器である。

 歯周病が進むと、歯周ポケットも広く大きくなっていき、さらに歯周病が進むという悪循環に陥る。歯周ポケットを常に清潔に保つことは、歯周病の予防に欠かせないのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
もうダマされない! 歯医者の裏側

週刊ダイヤモンド

歯医者数が10万人を突破した。明らかな供給過剰であるため患者争奪は激化している。技術も知識もないまま新しい治療法に手を出したり、過度なもうけ主義に走る者も存在する。だまされずに、いい歯医者と治療法へたどり着けるよう、歯医者と業界の見え...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません