露出狂」第2回— だが、警察の記録に残るのは御免被りたい

Twitterのフォロワー6万以上、日々トガったツイートで人々を魅了する鬼才、ダ・ヴィンチ・恐山さん。大喜利やマンガでも活躍する彼が、品田 遊(しなだ・ゆう)として、小説連載を開始! 東京駅から高尾駅までを走る、JR中央線を舞台に、電車のなかですれ違う人々に潜む物語を描き出していきます。
通勤中の露出狂・佐々木孝太郎。電車で目の前に現れたのは、忘れるはずの無い一人の少女だった…… 前回はこちら→ 第1回 「露出狂」 (1/2)

 小柄な女子中学生だ。車内の中程にいる孝太郎からだいたい三メートルほど離れたドア付近に立ち、手すりを掴んでいる。文庫本を読んでいるらしく、ここからだとその横顔しか見ることができないが、そのセーラー服と端正な顔立ちに確かな見覚えがあった。

 間違いない、以前俺が自身を晒した子だ。今は落ち着き払ってページをめくっているその顔が恐怖に歪んだ瞬間を、目の前で見ていた。忘れるはずがない。こんなに利発そうな子の記憶に自分を留めることができたら素敵だろうなと思ってやったのだ。彼女は期待通りの反応を示してくれ、とても満足していた。だから彼にとって印象も強かった。一致を確信した瞬間、痛いほど心臓が高鳴った。運命的な再会のときめきではなく、現実的な危機感のためだ。

 もし、万が一気がつかれたら取り返しのつかないことになるかもしれない。幸い、少女は今読書に夢中で孝太郎に気づく様子はなさそうだが、不意にこっちを向かないとは限らない。なにしろ一度顔を見られているのだ。あのときの露出狂だと悟られる可能性は十分ある。むしろ、バレないほうがおかしいだろう。もう気づかれている場合だって考えられる。なんという失策だ、と、孝太郎は考えの浅さを呪った。近場で露出行為をしていれば夜道以外でまた遭遇する恐れがあることくらい、簡単に想定できたじゃないか。読みが足りなかった。

 いつか、誰だったか、スポーツ選手が言っていた。記録よりも記憶に残る選手になりたいと。露出狂にも同じ事が言える。孝太郎は常々そう思っていた。俺はただ、彼女らの記憶に残りたいだけだ。だが、警察の記録に残るのは御免被りたい。正気でない振る舞いを続けるのに必要なのは理性だけなのだ。理性的に行動しなくては。

 もうすぐ武蔵小金井に停車する。そこで降りてしまおう。

 勤める会社はもう一駅先の国分寺にあったが、あと一駅分もの間、平気な顔をして立っていられる自信がなかった。車両を移動する手も考えたが、すでにバレていた場合、不自然に映る。学校の位置から考えて、あの子は国分寺で降りるはずだ。それなら俺は今さっさと降りて、後発の電車に乗り直してしまえばいい。簡単なことだ。額にじっとりと滲んだ嫌な汗をハンカチで拭った。まるで越境するスパイになった気分だ。

 ドアが開くと同時に孝太郎は列車から掛け降りた。あの少女の様子を確認する余裕はない。心拍数が限界まで上がっている。なるべく足早に、電車に背を向けて歩き出す。

 「あの」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
中央線に乗って

品田 遊

Twitterのフォロワー6万以上、日々トガったツイートで人々を魅了する鬼才、ダ・ヴィンチ・恐山。ウェブを飛び出して大喜利やマンガでも活躍する彼が、品田 遊(しなだ・ゆう)として、初の小説連載をcakesで開始します! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

corkagency ダ・ヴィンチ恐山さんの小説を1本無料公開します!連休の夕べに鋭い観察眼が冴える短編小説はいかがですか? 約4年前 replyretweetfavorite

mulumina 続き読んだ。 / 第1回 約4年前 replyretweetfavorite