寺井元一(まちづクリエイティブ)→和多利浩一(キュレーター) Vol.3 オリンピックに関われますか

今回カンバセーションズに登場するのは、アーティスト、クリエイターらを交えながら、千葉・松戸で”クリエイティブな自治区”の創造を目指す「MAD Cityプロジェクト」を推し進める株式会社まちづクリエイティブ代表の寺井元一さん。そんな寺井さんがインタビュー相手として指名したのは、現代美術を中心に扱う東京・渋谷の私立美術館「ワタリウム美術館」でキュレーターを務める和多利浩一さん。国内外で開催された数々の展覧会やアートプロジェクトなどにも関わりながら、青山キラー通り商店会会長、原宿地区商店会連合会会長、原宿神宮前まちづくり協議会代表幹事など、まちづくりにも関わってきた経験を持つ和多利さんに寺井さんが迫ります。

アートはオリンピックに関われますか?

Q. 今後また街に出て行って活動をしたいという欲求はないのですか?

和多利:それはありますよ。「水の波紋」の時のように、いつか改めて街に出て行かないといけないなと。私がこの地域に対してどう思っているのかというところは、現役のうちにもう一度見せる必要があると感じているし、それはそんなに遠くない未来のことなのではないかと思っています。

Q.そう遠くないと感じられる理由には、東日本大震災や原発の問題なども絡んでいるのですか?

和多利:それもありますし、ちょっと思っているのは東京オリンピックですかね。これに向けてザハ・ハディドが設計する大きな競技場もできるわけですが、自分たちはまた違うものを何か示さないといけないと感じています。オリンピックといっても実質は3週間程度の話で、私たちはその後何十年もこの街と付き合っていかなくてはいけないわけですし、時機が来たら仲間を集めて何かしらのことを提示したいと思っています。

Q. 以前の東京オリンピックがそうであったように、2020年の東京オリンピックに関わる決定が今後の何十年に影響していくことになるわけですよね。その辺への危機感があるんでしょうか?

和多利:もちろんあります。前回のオリンピックというのは、20世紀にものづくりを支えた人たちの登竜門になっていたんですよね。丹下健三、亀倉雄策、田中一光、市川崑など、各分野の先端を走る30代のクリエイターたちがみんなオリンピックに関わっていたんですが、果たして次のオリンピックもそうなるのだろうかと。もちろんそうなれば問題ないんですが、もしそうならなかった時に、私たちは違う提案を見せないといけない。それがどういうものになるかは予算や時勢の問題など色々な要素に拠ってくると思うのですが、アートというのは何かの気づきを与えられるくらいの存在になれるものですし、役に立つ武器として機能させられたらいいなと。

アーティストとはどう付き合っていますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード