アイデアは思いつくだけでは意味がない

今回の林伸次さんのコラムは、仕事で使える「アイデア」についてです。最近、お客さんから「いつかお店をもちたい」と相談されるようになった林さん。「こんな店がやりたい」というアイデアに、うなずかされることも多いようですが、それだけではなかなかうまくいかないそうです。アイデアを生かすために、ほんとうに必要なものとは?

考えているだけではだめなんです

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

昨年、『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか?』(DUブックス)という本を書いたからか、「いつかお店をもちたいんですよ」という相談をお客様からされるようになりました。

僕は脱サラをして独立して何かを始めるという人がすごく好きなので、「いいですねえ。どんなお店を始めたいんですか?」と具体的な話をすぐに聞いてしまいます。

するとみなさん具体的なアイディアを持っていて「すごく美味しいカレーとコーヒーとボブディランだけの店を考えているんですよ」とか「日本酒とカラスミやヌタみたいなちょっとしたおつまみをワインバーのような雰囲気で、音楽はJBLを置いてゴリゴリのジャズっていう感じのお店やりたいんですよ」とか「なるほど。面白そうだな」って感じのことを教えてくれます。

ところで「お店をやりたい人が10人いたら、本当にお店を開店する人はそのうちの3人。そしてそのお店が成功するのは1人」という話をご存知でしょうか。この数字、お店をやっている人間として「そのくらいの割合かなあ」っていう実感があります。

どうでしょうか。結構厳しい数字だな、じゃあ自分には無理かなって感じてしまった人もいるかもしれません。

そうですか。あなたは、満員電車に揺られて、嫌いな上司に頭を下げてサラリーマンを続けるのが嫌だったのではないのでしょうか。残念です。あなたは結構良いアイディアを持っていたはずなのに、です。

アイデアは思いつくだけでは意味がありません。例えば僕も、今みたいな「立ち飲みスタイル」が流行るずっと前から「スペインバルのようなカジュアルでお洒落でちょっとしたおつまみがあるワインバルっていけるんじゃないかな」って考えていました。

で、実際にそういう立ち飲みスタイルのワインバルが東京中の色んな場所に作られて、どのお店もすごく賑わっているのを見たとき、「ずっと前から考えていたのに」って思いました。

考えているだけではダメなんですよね。腰を上げて、本当にそのお店を作った人だけが「成功者」になれるんです。「ああ、そのアイディアずっと前から考えていたのに」では「負け」なんです。

アイデアの作り方

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m_rinco この方の記事面白い 4年以上前 replyretweetfavorite

totti8823 10:3:1 ナルホド‼︎ 4年以上前 replyretweetfavorite

Singulith 明朗会計植木屋さん >「1メートル1000円(3メートルの高さの木なら3千円、幅2メートルなら2千円)みたいなわかりやすい価格にして、「家の中に入りません」、「すぐにうかがいます」というシステムにした」 林伸次 https://t.co/shQ3f2USAG 4年以上前 replyretweetfavorite

musicanossa またもや小林のアニキw! 4年以上前 replyretweetfavorite