冬のお手軽あったかスープ! ポルトガル風水炊き「カンジャ」[第35回]

いがけない大雪の時のように、外に出るのも億劫……そんな時にオススメするのが、食材も調理法もとてもシンプルな鳥スープ「カンジャ」です。ほろっとほぐれるまで煮込んだ手羽先のうまみがたっぷり! 家族や友人と食べるのにぴったりなあったかスープに、体が芯から温まりますよ。

みなさんこんにちは。

毎日とんでもなく寒いですね。
さすがは2月。

先週の土曜日は、
東京も思わぬ大雪に見舞われましたが
あの日はみなさん、どう過ごしましたか?
雪のせいで一日中家にこもっていたという人も、きっと多いはず。

私はと言いますと、
家にお客さまを呼んでポルトガル料理をふるまっておりました。
雪降ってるし、みんな「雪の中出るの、面倒だなあ」と思ってるだろうし、
中止にするのが大人の賢い選択かなあと迷ったのですが、
前日からの仕込み素材もあったので、
半ば強制的に会を決行(強引ですみません)。
雪の中集まって下さった方々(ほんとうにすみません)は、
当然みんな雪まみれ(ほんとうに申し訳ない)で到着。
でも、あったかいメニュー中心で徐々に体も温まり(そのはず)、
用意したワインも思わぬ雪見酒で一層おいしくなり(なったはず)、
結果的にはめでたしめでたし! でした(だったはず!)。

雪が降っても降らなくても、
つい家にこもりがちになるこの時期、
やっぱり食べたくなるのは温かいものですよね。
家にこもっている時間を有効に使って、
驚くほどシンプルかつ簡単にできる
寒い2月におすすめのメニューがあります。

それは、私の好きなポルトガルの「鶏スープ」
「Canja(カンジャ)」です。

まるっと鶏1羽を煮込むだけという、
これ以上ないぐらい簡素なスープ。
調味料は塩だけで、香味野菜すら入れません。
あんまり簡単なので、
ポルトガルには「エ・カンジャ(カンジャぐらい簡単だ=朝飯前だ)」
という表現があるほどです。

でも、同じように鶏1羽を日本で買うとなるとこれまた高い。
ちっとも経済的なスープじゃなくなります。
日本で作るなら、
値段も手頃でコラーゲンもたっぷりの手羽先がおすすめです。

それから、ポルトガルではこの鶏スープには
必ず茹でた粒パスタを入れるのですが、
日本で作るならパスタよりも、やっぱりごはんでしょう!
それもねばりの少ない冷ごはんがいい。
麦などを入れて炊いたものだと、
パラパラ感がよりこのスープに合います。

「カンジャ」は材料も作り方も今までご紹介してきた中で最もシンプル。
そして、誰が作っても“朝飯前”級の簡単さです。

では、注目の材料はこちら。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaorun6 鶏スープだ、美味しそう。中にご飯入ってるのかな。 お手軽なスープでで寒い冬もほっこり http://t.co/gf8EnIYwlu http://t.co/VUN8Dtc0QS 約2年前 replyretweetfavorite

oyatun なぎあす見ながら作る事に決定した。https://t.co/jwoAk1sof6 約3年前 replyretweetfavorite

STMK 手羽先買って帰ろう、今日→ 約3年前 replyretweetfavorite